野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ドラ1高橋も1軍デビューせず ホークスの新人6選手、今季成績は想定通り?

ドラ1高橋も1軍デビューせず ホークスの新人6選手、今季成績は想定通り?

球界はすっかりオフシーズン。FAや補強の話題が世間をにぎわす時期となった。各球団で続々と今ドラフトで指名した新入団選手の加入会見が行われるなど、来季への動きが紙面やテレビ画面で伝えられている。

20160524_takahashi

信念に基づき若手育成を続けるホークス、球団の育成方針が表れた新人の今季成績は?

 球界はすっかりオフシーズン。FAや補強の話題が世間をにぎわす時期となった。各球団で続々と今ドラフトで指名した新入団選手の加入会見が行われるなど、来季への動きが紙面やテレビ画面で伝えられている。

 3年連続の日本一を逃したソフトバンクは、11月22日に新入団選手発表会見を実施。5球団競合の末に獲得したドラフト1位の田中正義投手(創価大)はじめ、支配下4人、育成選手6人が会見に臨み、競争の世界への第1歩を踏み出した。

 この未来の星たちを迎え撃つのが、プロとして1年のキャリアを過ごした昨年のドラフト指名選手たち。県岐阜商から3球団競合の末に加入した高橋純平投手らだ。

 1年目は体作りに位置づける球団方針もあって、他球団のドラフト1位全員が1軍デビューを果たす中、高橋はドラ1で唯一、1軍の舞台を経験出来なかった。高橋だけに限らず、全員が高卒だったルーキーたちの1軍出場はなし。ここでは、ソフトバンクの昨季のドラフト指名選手たちの今季の成績を見てみたい。

◯1位 高橋純平(県岐阜商高) 投手

▽ウエスタン・リーグ
7試合2勝1敗 28回1/3 21安打 1被本塁打 20奪三振 8失点 防御率2.22
▽3軍戦
6試合0勝2敗 28回 27安打 3被本塁打 21奪三振 21失点 防御率5.79

 1月の新人合同自主トレ初日にいきなり左スネを痛めて離脱。春季キャンプも別メニューで調整を続けた。デビュー戦は5月28日のウエスタン・リーグの広島戦(タマスタ筑後)。2回を3安打2死球2失点と結果を残せなかった。その後も、2軍戦を中心に登板した。

 フレッシュオールスターでは自己最速を2キロ更新する154キロをマーク。前評判通りの球速や球威などは目を見張るものがある一方で、制球には課題を残した。秋季キャンプでは高校時代からのインステップ(踏み出す左足が三塁側に入る)の矯正に着手。工藤公康監督や佐藤義則1軍投手コーチからは高評価を受けており、来季こそ1軍デビューに期待がかかる。

人気記事ランキング