野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • タイトルホルダーや常連が落選…両リーグ19人のベストナインは狭き門

タイトルホルダーや常連が落選…両リーグ19人のベストナインは狭き門

プロ野球のセパ両リーグのベストナインが25日に発表された。ベストナインは、毎年両リーグ合わせて19人しか選ばれない“狭き門”。今季のタイトルホルダーや常連選手らの落選も目立った。

20140414_kikuchi

パ投手はタイトル2冠の和田、最優秀防御率の石川が外れる

 プロ野球のセパ両リーグのベストナインが25日に発表された。10年ぶりに日本一に輝いた日本ハムの大谷翔平投手は投手部門、指名打者部門でダブル受賞。セ・リーグを制覇した広島からは野村祐輔が投手部門で、新井貴浩内野手が一塁手部門で選ばれるなど大量5選手が選出された。

 ベストナインは、毎年両リーグ合わせて19人しか選ばれない“狭き門”。今季のタイトルホルダーや常連選手らの落選も目立った。

 まずはパ・リーグを見てみよう。投手部門は日本ハム・大谷翔平が2年連続2度目の受賞で、今季最多勝と最高勝率の投手タイトル2冠(15勝、勝率.750)に輝いたソフトバンク・和田毅は、2010年以来6年ぶりの受賞を逃した。防御率2.16で最優秀防御率を獲得したロッテ・石川歩、2014年から3年連続で奪三振王に輝いた楽天・則本昴大、2年連続セーブ王のソフトバンク・サファテは落選した。

 パ・リーグの野手ではソフトバンク・柳田悠岐外野手がリーグ5位の打率.306、リーグ1位の100四球で、最高出塁率.446を記録したが、外野手4位で落選。14、15年と2年連続で選ばれていたベストナインの座を逃した。西武・金子侑司内野手は自身初の盗塁王(53盗塁)に輝いたが、投票は伸びなかった。昨年シーズン歴代最多216安打を放った西武・秋山翔吾外野手も外野手5位、2011年から3年連続で受賞していたソフトバンク・内川聖一外野手は一塁手部門で2位に終わった。

人気記事ランキング