野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 一流選手にも訪れる力の衰え 最近5年で主力が味わった2億円超の大減俸

一流選手にも訪れる力の衰え 最近5年で主力が味わった2億円超の大減俸

華のあるプロ野球界で毎年オフに行われる契約更改の情報は、世間から大きな注目を集める。大幅アップ、1億到達、倍増と夢が大きく膨らむ一方で、厳しい現実もやってくる。

20160819_iwase

1億円プレーヤー続出で夢の広がる世界だが…

 華のあるプロ野球界で毎年オフに行われる契約更改の情報は、世間から大きな注目を集める。大幅アップ、1億到達、倍増と夢が大きく膨らむ一方で、厳しい現実もやってくる。今回、巨人・内海哲也投手が今季4億円から半減の2億円での単年契約となり、その減額の大きさが話題となった。結果がすべてのプロ野球界では、活躍すれば年俸は上昇するが、しなければベテラン選手であっても大減俸は当たり前。特に近年は、パフォーマンスの低下を理由に主力選手の大減俸が多く見られるようになった。最近5年でニュースを賑わせた大減俸を振り返ってみよう。

【注】年度は契約更改交渉を行った年。名前に続く金額は減額幅。金額は推定。

○2016年 内海哲也(巨人)▼2億円 

 2年連続で最多勝になった2012年オフに4年総額16億円の大型契約を結んだが、翌年以降の成績は13勝、7勝、2勝と下降線。今年は9勝したとはいえ、開幕直後は2軍暮らしで、3.94という防御率を見ても、安定した投球をしたとは言えなかった。4億円から半減の2億円で契約。着々と投手補強を進める巨人で、来年は年俸に見合う成績を残せるのだろうか。

人気記事ランキング