野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

来季最高年俸は誰に? 今季の各球団日本人最高年俸を振り返る

日本プロ野球は2016年シーズンを終え、各球団で契約更改が始まっている。早くも大幅アップや億単位での減俸選手が出始めており、今後も選手によって明暗が分かれることだろう。

20160505_yamada

今オフも契約更改がスタート、G坂本が3億5000万円でサイン

 日本プロ野球は2016年シーズンを終え、各球団で契約更改が始まっている。早くも大幅アップや億単位での減俸選手が出始めており、今後も選手によって明暗が分かれることだろう。

 巨人では4年契約の最終年だった内海哲也投手が野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える2億円減の2億円でサイン。年俸4億円は今季チーム最高だったが、3年連続で2桁勝利を逃し(9勝6敗)、大幅ダウンとなった。34歳の左腕は来季に向けて再出発を誓っている。

 一方、今季自身初の首位打者(打率.344)に輝いた坂本勇人内野手は1億円増の年俸3億5000万円でサイン。セ・リーグの遊撃手としては初の首位打者誕生で、出塁率.433もリーグトップ。本塁打もリーグ8位の23本、打点もリーグ10位の75打点と好成績を収めた。

 巨人はその坂本が現時点でチーム最高年俸に浮上しており、今後も初の本塁打王に輝いたDeNA・筒香嘉智外野手、2年連続トリプルスリーのヤクルト・山田哲人内野手、投打でベストナインに選ばれた日本ハム・大谷翔平投手など大幅アップが見込まれる選手が控えている。各球団ともに来季の最高年俸は誰になるのか――。注目の契約更改を前に、今季の各球団日本人最高年俸はどの選手だったのか、振り返ってみたい。(※金額は推定)

【セ・リーグ】

〇ヤクルト 山田哲人内野手(2億2000万円)

 山田は昨季ソフトバンクの柳田悠岐外野手とともにトリプルスリーを達成。さらに本塁打王、最高出塁率、盗塁王にも輝きチームのリーグ優勝に大きく貢献した。オフには8000万円から1億4000万円増でサイン。チーム日本人最高年俸となった。

人気記事ランキング