野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「豊作」の来オフFA市場で大谷翔平が「NO1」!? 米メディア「とびきり楽しみ」

「豊作」の来オフFA市場で大谷翔平が「NO1」!? 米メディア「とびきり楽しみ」

このタイミングで米メディアが早くも来季のフリーエージェント(FA市場)を展望する特集を行い、日本ハムの大谷翔平投手を「ナンバー1のFA選手」の候補に挙げている。

20160402_ohtani

先発投手にはダルビッシュら、2017年FA市場特集で大谷に熱視線

 来月上旬に開催されるウインターミーティングを目前に控え、今後、各球団の動きも一層、活発化していくメジャーリーグ。このタイミングで米メディアが早くも来季のフリーエージェント(FA市場)を展望する特集を行い、日本ハムの大谷翔平投手を「ナンバー1のFA選手」の候補に挙げている。米CBSスポーツ電子版がレポートしている。

 特集記事では2017年シーズンオフの補強を見据えて今オフの補強費を節約する球団が出てくる可能性を指摘しつつ、各ポジションで注目選手を挙げている。

 捕手ではレンジャーズのジョナサン・ルクロイを筆頭候補に挙げ、一塁ではエリック・ホズマー(ロイヤルズ)、ヨンダー・アロンソ(アスレチックス)、ルーカス・デューダ(メッツ)、ジョン・ジェイソ(パイレーツ)らの名前を列挙。そのほか、二塁ではニール・ウォーカー(メッツ)、ハウィー・ケンドリック(フィリーズ)、ブランドン・フィリップス(レッズ)ら、遊撃ではザック・コザート(レッズ)ら、三塁ではトッド・フレイジャー(ホワイトソックス)、ジョニー・ペラルタ(カージナルス)、マイク・ムスターカス(ロイヤルズ)らを筆頭に複数の選手を挙げている。

 さらに外野手ではロレンゾ・ケイン(ロイヤルズ)、J.D.マルティネス(タイガース)ら好選手がFAとなることをレポート。それ以外にも各ポジションで球団側が契約オプションを保持する選手やオプトアウト(契約破棄)の権利を保有する選手も紹介している。

 また先発、救援ごとに紹介されている投手では先発投手のFA「NO1」候補としてレンジャーズのダルビッシュ有投手やカブスのジェイク・アリエッタを挙げ、ヤンキースの田中将大が来オフ、オプトアウトの権利を行使することができることもレポートしている。

 そうそうたる名前が挙げられる中、今回の特集で「最後に一人追加しよう」と特筆しているのが大谷だ。

人気記事ランキング