野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 引退の同級生左腕からもらった刺激 復活目指すハム武田久の思い

引退の同級生左腕からもらった刺激 復活目指すハム武田久の思い

日本ハムの武田久投手が29日に札幌市内の球団事務所で300万円減の1500万円プラス出来高で契約更改した。昨シーズン中に両膝を手術し、昨季はプロ入り後初めて1軍登板なしで終えたが、プロ14年目も厳しいシーズンとなった。

20161129_takedahisashi

「もう1度戦力に―」、来季復活をかける38歳ベテラン右腕

 日本ハムの武田久投手が29日に札幌市内の球団事務所で300万円減の1500万円プラス出来高で契約更改した。今季は7月22日に2年ぶりに1軍初昇格。5試合登板、0勝0敗セーブ、防御率14.54だった。昨シーズン中に両膝を手術し、昨季はプロ入り後初めて1軍登板なしで終えたが、プロ14年目も厳しいシーズンとなった。

「ここ数年戦力になれてないが、球団からは『ボロボロになるまでやって欲しい。戦力として見ているから』と。うれしい半面、やっぱり結果が出てない。この年齢ですし、2軍にいても迷惑をかける。もう1回、戦力になりたい気持ちしかない。球団には感謝しかない」

 浮き上がるような直球を武器に通算167セーブ。沈むようにして投げる独特のフォームで酷使してきた両膝は今も痛むという。それでも、「去年の今頃は走れなかった。まずは体は万全にすること。たぶん2月1日には元気な姿で入れる」と前を向く。

 発奮材料もある。長くチームを第一戦で支えた同級生の武田勝の現役引退だ。

人気記事ランキング