野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 3季連続Bクラスの西武 主軸メヒアは活躍も期待外れた外国人投手たち

3季連続Bクラスの西武 主軸メヒアは活躍も期待外れた外国人投手たち

西武は、今季2年ぶりの負け越し、3年連続Bクラスという不本意な成績に終わった。2014年途中からチームを率いた田辺徳雄監督は退任し、来季から辻発彦監督が指揮を振るう。今季負け越した原因の一つは、軒並み不発に終わった外国人選手だろう。

20160425_Mejia

唯一の外国人野手メヒアは35本塁打&103打点の活躍も…

 西武は、今季2年ぶりの負け越し、3年連続Bクラスという不本意な成績に終わった。2014年途中からチームを率いた田辺徳雄監督は退任し、来季から辻発彦監督が指揮を振るう。今季負け越した原因の一つは、軒並み不発に終わった外国人選手だろう。

 今季の外国人選手で唯一活躍したのが、3シーズン目のエルネスト・メヒア。来日1年目(2014年)オフの過ごし方を失敗し、激太りと調整不足の影響で出遅れた昨季の反省から、今年はキャンプ初日にきっちりとコンディションを合わせてきた。その甲斐あって、開幕から絶好調。3・4月は自身初の月間MVPを受賞した。その後も、コンスタントに本塁打を量産し続け、最後までタイトル争いを繰り広げた。主砲・中村剛也が故障の影響で精彩を欠いたため、時にはメヒアが4番に座り、最終的にチームトップの35本塁打、103打点の成績を残し、打線を牽引した。

 他の外国人枠はすべて投手で使ったが、残念ながらその多くは戦力にならないままチームを去った。

 ローテーションの一角となるべく期待されたアンディ・バンヘッケンだったが1勝も挙げられず、7月に契約解除となった。その穴を埋めるべく、5月末に獲得したフェリペ・ポーリーノも、加入当初は勝利の可能性を感じさせる投球を見せたが、結果が出ないまま、8月末に2軍調整を命ぜられ、バンヘッケン同様に未勝利のままシーズン終了後に自由契約となった。

 痛恨だったのが、C・C・リーの不発だ。チームが一番の課題としていた抑え、もしくはセットアッパーの本命として鳴り物入りで入団したが、7月末に2軍降格。その後、一度も1軍に戻ることなく、戦力になれずに終わった。

 投手陣で戦力として唯一貢献したのが、7月末に獲得したブライアン・ウルフだった。すでに日本ハム、ソフトバンクで39勝を挙げていた実績は、さすがの一言。持ち前の手元で動くツーシームを武器に4勝を挙げ、来季の契約延長も決まった。

 すでに、チームは来季へ向けて新外国人ブライアン・シュリッター投手との契約を発表している。ここ数年課題とされ続けている中継ぎの救世主となれるか。注目が集まる。

人気記事ランキング