野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム中田、現在チーム最高年俸も…後日更改の大谷に“白旗”「翔平は看板」

日本ハムの中田翔内野手が、1日に札幌市内の球団事務所で3500万円アップの年俸2億8000万円プラス出来高で契約更改した。3億円に届かず、「行かなかったですね。シビアです。将来のためにお金を貯めようかと思います」と渋い表情だった。

20160217_nakata

3億円届かず2億8000万円でサイン、「最高年俸にこだわっているわけではない」

 日本ハムの中田翔内野手が、1日に札幌市内の球団事務所で3500万円アップの年俸2億8000万円プラス出来高で契約更改した。3億円に届かず、「行かなかったですね。シビアです。将来のためにお金を貯めようかと思います」と渋い表情だった。

 今季は141試合出場し、打率2割5分、25本塁打。自己最多110打点を挙げて2年ぶりの打点王に輝き、チームの4年ぶりリーグ制覇、10年ぶり日本一に貢献した。さらに、一塁手部門のベストナイン、ゴールデングラブ賞も獲得した。

 順調にいけば、来シーズン中に国内フリーエージェント(FA)権を取得する見込み。年俸3億円の大台到達が期待されたものの、届かなかった。

 現時点でチーム最高年俸となったが、後日、大谷翔平投手の契約更改が予定されている。リーグMVPに輝いた二刀流は今季年俸2億円から大幅アップが予想されるが、4番は早くも“白旗宣言”。

「チームとしても翔平はメーンの看板選手。そこに関しては何とも思わないというか、個人的に最高年俸にこだわっているわけではない。二刀流なので、打つ方でも投げる方でもチームに貢献していると思うので…」

人気記事ランキング