野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • NY紙が松井秀喜氏の特集記事 長男に「プレーしてもらいたい気持ちある」

NY紙が松井秀喜氏の特集記事 長男に「プレーしてもらいたい気持ちある」

巨人、ヤンキースで活躍した松井秀喜氏は現在、ニューヨークを拠点に生活している。2009年のワールドシリーズでMVPに輝く圧巻の活躍を見せ、世界一に貢献。ヤンキースはこれを最後に頂点に立っておらず、「ゴジラ」のニューヨークでの人気は現在も絶大だ。15年3月からはヤンキースのGM特別アドバイザーに就任し、主にマイナーリーグに所属する若手選手などの指導に携わっている。

20161202_matsui2

NY紙が松井氏にロングインタビュー、ヤ軍GM特別補佐は“終身雇用”!?

 巨人、ヤンキースで活躍した松井秀喜氏は現在、ニューヨークを拠点に生活している。2009年のワールドシリーズでMVPに輝く圧巻の活躍を見せ、世界一に貢献。ヤンキースはこれを最後に頂点に立っておらず、「ゴジラ」のニューヨークでの人気は現在も絶大だ。15年3月からはヤンキースのGM特別アドバイザーに就任し、主にマイナーリーグに所属する若手選手などの指導に携わっている。

 ニューヨークの地元紙「ザ・レコード」電子版は現地時間11月30日(日本時間12月1日)に松井氏の特集記事を掲載。本人にロングインタビューを行っており、その内容は、GM特別アドバイザーとしての仕事や、珍しく家族の話にまで及んでいる。日米で多くのファンを魅了してきたスーパースターは、世界一の大都市でどのような生活を送っているのだろうか。

 松井氏はインタビューの中でまず、「こちらのほうが静かな生活を送れます」と明かしている。日本で松井氏が街中に現れるようなことがあれば、周囲は騒然とするだろう。記事で「マツイの驚くべき長打を打つ能力は彼を母国でスーパースターに押し上げ、ブロンクスで愛される人物にした」と紹介している通り、ニューヨークでも超有名人だが、それほど人の目を気にすることなく生活できているようだ。

 そして、話の内容は、松井氏が普段ほとんど明かすことのない私生活のことへと進んでいく。「家族として、(子供を)育てるには最高の環境だと感じています。僕らがまさに楽しみにしていたものです」。松井氏は2013年3月、第一子となる長男が誕生したことを発表した。現在は子育てに奮闘中だ。「家では日本語を話しますが、学校に行けば英語が話される環境です。だから、僕らはどうなっていくかとても楽しみです」。長男が家では日本語を使いながら、学校では英語を話す“バイリンガル”として育っていることを説明している。

人気記事ランキング