野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3度ドラフト指名漏れも追い求める夢「冷やかし」にも動じない24歳の成長

巨人からドラフト4位で指名された池田駿投手を擁するヤマハの初優勝で幕を閉じた社会人野球日本選手権。池田をはじめ、オリックスから1位指名された東京ガス・山岡泰輔投手、ロッテから2位指名された大阪ガス・酒居知史投手など、ドラフト指名選手に注目が集まった。

20161202_otani

日本通運でプレーするドラフト候補、大谷昇吾が描く夢

 巨人からドラフト4位で指名された池田駿投手を擁するヤマハの初優勝で幕を閉じた社会人野球日本選手権。池田をはじめ、オリックスから1位指名された東京ガス・山岡泰輔投手、ロッテから2位指名された大阪ガス・酒居知史投手など、ドラフト指名選手に注目が集まった。

 決勝でヤマハに敗れ、準優勝に終わった日本通運には、プロへの思いを胸に秘める選手がいた。大谷昇吾内野手(24)だ。同選手は実は高校、大学、社会人と計3回のドラフト指名漏れを経験している。

 鹿児島県の樟南高校では、2年生の時に夏の甲子園大会に出場。1番ショートとして活躍し、持ち味の俊足と強打で注目を集めた。ドラフト当日は、寮の食堂のテレビを見ながら指名を待ったが、名前を呼ばれることはなかった。

「高校生の時は、ちょっと天狗になっていたところがあったと思います。『指名されるだろう』と軽く考えていました。ショックで翌日は学校に行くことが出来ず、寮の部屋にいたら部長の先生から『学校に出ろ』と電話がかかってきました。学校に行ったら、クラスのみんなは普通に接してくれました」

 進学した上武大では、関甲新学生リーグ二塁手として4季連続ベストナイン。3年の秋には7本塁打、20打点を挙げ、連盟新記録を樹立した。しかし4年の秋は極度の打撃不振に陥った。

人気記事ランキング