野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • アマ軟式野球大会のライブ配信 パ・リーグTVで始めたきっかけとは?

アマ軟式野球大会のライブ配信 パ・リーグTVで始めたきっかけとは?

11月27日、沖縄セルラースタジアム那覇では、「第2回ゼビオドリームカップ2016」が開催。その模様はインターネット配信サービス「パ・リーグTV」や、ゼビオドリームカップ特設サイト内でもライブ配信が行われ、視聴者へダイレクトに届けられた。

20161202_parigu2

総勢2万人参加の国内最大級アマチュア軟式野球大会をライブ配信

 11月27日、沖縄セルラースタジアム那覇では、「第2回ゼビオドリームカップ2016」が開催。その模様はインターネット配信サービス「パ・リーグTV」や、ゼビオドリームカップ特設サイト内でもライブ配信が行われ、視聴者へダイレクトに届けられた。

20161202_parigu2
沖縄セルラースタジアム那覇で開催された、「第2回ゼビオドリームカップ2016」【写真:(C)PLM】

 そもそも「第2回ゼビオドリームカップ2016」とは、国内最大級のアマチュア軟式野球大会であり、クラブチームから草野球チームまで、今大会だけでも総勢2万人の軟式野球のプレーヤーたちが頂点を目指した全国大会である。

 パ・リーグTVを運営するパシフィックリーグマーケティング(以下PLM)の辻彰徳氏は、今回パ・リーグTVでのライブ配信が行われることになったきっかけについて「PLMは新しいファンを増やすことをミッションとしていますが、これまでは実際に野球をプレーしている人たちに直接アプローチする取り組みがありませんでした。そこで今回プレーヤー規模200万人と言われている軟式野球組織にアプローチするべく、国内最大級の『ゼビオドリームカップ』のライブ配信をさせていただくことになりました」とコメントした。

 また、今回の配信について「パ・リーグTVさんで配信が行われるということで、大会の価値が大きく向上することになりました」と、主催者のクロススポーツマーケティング株式会社アクティベーションチームの篠宮尚徳氏と、株式会社TBSラジオ営業統括局事業部・鈴木君典氏は口を揃えて語った。

人気記事ランキング