野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 元燕・中島彰吾が豪州チーム入団 育成から世界へ「MLBも目指します」

元燕・中島彰吾が豪州チーム入団 育成から世界へ「MLBも目指します」

先日7月30日、昨年までヤクルトでプレーした中島彰吾投手が豪州リーグのシドニー・ブルーソックスに入団することが発表された。ヤクルト退団後はオランダへと活躍の場を広げた右腕が、次は豪州でさらに力を磨くことになった。

豪州リーグのシドニー・ブルーソックスに入団することが発表された中島彰吾【写真提供:色川冬馬】
豪州リーグのシドニー・ブルーソックスに入団することが発表された中島彰吾【写真提供:色川冬馬】

昨季限りで退団の右腕が歩み始めた新たな野球人生

 先日7月30日、昨年までヤクルトでプレーした中島彰吾投手が豪州リーグのシドニー・ブルーソックスに入団することが発表された。ヤクルト退団後はオランダへと活躍の場を広げた右腕が、次は豪州でさらに力を磨くことになった。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 2014年育成ドラフト1巡目でヤクルトに入団した中島は、2年目の2016年5月2日に支配下登録を勝ちとった。1軍では通算5試合に登板したが白星を飾れぬまま、昨年限りで退団。その後、異色の野球人生を歩み出した中島は、現在どんな心境で野球と向き合っているのだろうか。

「元々、海外への憧れがあり、違う世界に飛び込みたかったんです」

 昨年10月に戦力外通告を受けた当時は、野球への情熱を失いかけていた。育成選手として入団したヤクルトでは支配下選手になったが結果は残せず。次なる道を模索していた今年1月、アジアンアイランダースという“トラベリングチーム”が誕生すると知り、すぐさま入団を決めた。

 アジアンアイランダースは、台湾でトライアウトを兼ねた試合をしながら海外でのプロ契約を目指すというチームで、日本をはじめ、フィンランドやアメリカ合衆国など6か国から集まった選手で構成され、自らの力で道を切り開くための挑戦の場だ。入団を決めたきっかけは、チーム創設者の色川冬馬氏との出会いだった。

 日本国内ではなく台湾という異国で力をアピールし、海外プロ球団でのプレー機会を模索するという奇想天外な発想に惹かれた中島は、リリーフとしてマウンドに立ち続けた。ここでオランダ球界関係者の目に留まり、1部リーグのデ・フラスコニンフ・ツインズに入団が決まった。ツインズでは開幕投手となり、4回無失点と活躍。日本からやってきた“サムライ”はその後、リリーフも兼任しながら投げ続けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」