「もらい過ぎ」でも済まない!? 「プロスポーツ最悪契約」の年俸24億円選手とは…

ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】
ヤンキースのジャコビー・エルズベリー【写真:Getty Images】

米メディア選出の「プロスポーツワースト契約」1位はエルズベリー

 現在、主力に負傷者が続出しているヤンキース。アーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンの大砲コンビ、エース右腕のルイス・セベリーノをはじめ、多くの選手の復帰が待たれているが、なかには厳しい批判にさらされている選手もいる。ヤンキースに加入後、満足な成績を残せていないジャコビー・エルズベリー外野手は、米メディアからプロスポーツ界のワースト契約ランキングという不名誉な特集で1位に選出された。

 エルズベリーは2013年にライバルのレッドソックスで世界一に貢献し、オフにFAに。7年総額1億5300万ドル(約171億円)の超大型契約でヤンキースに加入した。しかし、移籍後は2014年の打率.271、16本塁打が最高の成績で、昨季は出場ゼロ。今季も離脱しており、最近、60日間ILに移行された。

 今季年俸2114万ドル(約23億6500万円)の高給取りに対する風当たりは強い。米メディア「FOXスポーツラジオ」は、現在も継続中の「プロスポーツのワースト10契約」を“格付け”する特集を行っており、エルズベリーはワースト1位に選出された。

 記事では「7年1億5000万ドル以上の契約。彼は2017年以降、プレーしていない。もし彼がプレーしていたとしたら、彼は『もらい過ぎ』で済んだのだが……彼はプレーしていない! ヤンキースは現在、怪我人だらけだ。しかし問題はエルズベリーの怪我は日常茶飯事ということ」と指摘。キャリアを通じて故障がちなエルズベリーを批判している。

デービス、プホルス、カブレラも…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY