ダルビッシュ、興南149キロ左腕・宮城を絶賛 「俺あんなピッチャーになりたかったわぁ」

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

沖縄大会決勝で敗れたが計61三振を奪った最速149キロ左腕の宮城

 カブスのダルビッシュ有投手が28日、自身のツイッターで今秋のドラフト候補で最速149キロ左腕・興南の宮城大弥投手を絶賛した。

 沖縄大会決勝では延長13回、229球を投げ抜いたが沖縄尚学に7-8で敗れ甲子園出場を逃した。ダルビッシュは沖縄大会で計61三振を奪った左腕を「興南の宮城投手いいわぁ。投げ方、球筋、総合的に好きすぎる。俺あんなピッチャーになりたかったわぁ」と絶賛した。

 宮城投手は1年生から甲子園で活躍し今秋のドラフト候補に名前が挙がっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY