野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【ロッテ売り子名鑑】“りかノート”で反省点を分析 「1位じゃないと意味はない」負けず嫌いのりかさん

ロッテは今季も、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に大好評企画「売り子ペナントレース」を開催。現在は、厳選メンバー5人が、ハイレベルな決勝ラウンドで白熱したを繰り広げている。

7月のチャンピオンに輝いた実績をもつりかさん【写真:編集部】
7月のチャンピオンに輝いた実績をもつりかさん【写真:編集部】

当初は「興味はなかった」野球にハマり、今では夢はスポーツカメラマン

 ロッテは今季も、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に大好評企画「売り子ペナントレース」を開催。現在は、厳選メンバー5人が、ハイレベルな決勝ラウンドで白熱したを繰り広げている。

 昨年はドリンクメニュー(ソフトドリンクも含む)の立ち売り販売をする売り子経験5年以内のメンバーが参加対象となったが、2年目の今年はハンデをつける形で売り子経験年数に関わらず参加が可能となった。勤続年数に応じて、日々の売上げ杯数にボーナスを加算。1年目は1日の売上杯数の150%、2年目は140%、3年目は130%、4年目は120%で、5年目以上はボーナスなしとなり、ソフトドリンク・日本酒の売上げは勤続年数に関わらず200%に設定された。

 さらに、月ごとの売上杯数1位の売り子が、9月からの決勝ラウンドに進出する新方式を採用。昨年の88名から一気に110名までアップした参加者の中から、各月の頂点に立った精鋭5人が9月1日から新たな戦いに臨んでいる。「Full-Count」では決勝ラウンドに進出した5人に直撃インタビューし、売り子という仕事に対する思いや情熱を語ってもらった。

 第2回は7月チャンピオンの、りかさん(サッポロビール)だ。

 売り子を始めて3年目。きっかけは、大学入学後にアルバイトを探していた時、ロッテファンの弟から「球場で売り子でもやれば?」と言われたことだった。当時は「野球に興味はなかった」と正直に打ち明けるが、あっという間に野球の魅力に取り憑かれ、「今はめちゃくちゃ野球好きです」。大学では写真を専攻し、休みの日にはカメラを持って、いろいろな球場に野球の写真を撮りに行く。弟の一言がきっかけで始めた売り子だったが、今では将来の夢について「野球を撮るスポーツカメラマンになりたいです」と話すまで、そこから世界が広がった。

 もちろん、売り子として働くことにも魅力を感じている。

「老若男女いろいろな方と毎日お会いし、ビールを注ぐ短い間ですけど、お話できる。普通のアルバイトでは考えられないほど、たくさんの方々と一日でお話しできるので、コミュニケーション能力も上がります。球場の雰囲気が好きなので、そこからも元気をもらっています」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」