野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3位楽天の戦力整理…”大黒柱”嶋が退団、監督1年で交代 20歳西巻ら大量15人戦力外

昨季途中から監督代行を務めていた平石洋介氏が監督に就任し、2018年の最下位から71勝68敗4分の3位に躍進した楽天。CS進出も果たしたが、日本一となったソフトバンクにあと一歩及ばなかった。来季に向けて2軍監督だった三木肇氏が新監督に就任し、打倒ソフトバンク、西武を目指す。

楽天からヤクルトに移籍した嶋基宏【写真:荒川祐史】
楽天からヤクルトに移籍した嶋基宏【写真:荒川祐史】

大量15人戦力外、ハーマン自由契約、ロッテFAの鈴木、前パドレス牧田を獲得

 昨季途中から監督代行を務めていた平石洋介氏が監督に就任し、2018年の最下位から71勝68敗4分の3位に躍進した楽天。CS進出も果たしたが、日本一となったソフトバンクにあと一歩及ばなかった。来季に向けて2軍監督だった三木肇氏が新監督に就任し、打倒ソフトバンク、西武を目指す。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 補強では積極的な動きを見せる。ロッテから国内FA権を行使していた鈴木大地内野手、西武で活躍した後に2018年から米球界に挑戦していた牧田和久投手を獲得した。

 一方で、国内FA権を行使した美馬学投手がロッテに移籍。嶋基宏捕手も退団してヤクルトに移籍するなど2013年の日本一を経験した功労者がチームを去った。さらにはセットアッパーのフランク・ハーマン投手とは交渉が難航。高卒2年目の西巻賢二内野手ら大量15選手が戦力外となった。今江年晶(敏晃)内野手は現役を引退した。

 ここで今季で引退、戦力外となった選手の実績などを振り返ってみよう。

○今江敏晃内野手(現役引退→育成コーチ)

 PL学園から2001年ドラフト3位でロッテに入団。2005年に132試合に出場し、打率.310でベストナインを獲得。日本シリーズではMVPに輝いて日本一に貢献した。2010年にも打率.331のハイアベレージをマークし、2度目の日本一と日本シリーズMVPとなった。2016年にFA権を行使して楽天に移籍。故障や目の不調に苦しみ、今季は26試合出場に終わっていた。来季からは育成コーチを務める。

○美馬学投手(FA→ロッテ)

 東京ガスから2010年ドラフト2位で入団。1年目の2011年に救援で23試合に登板すると、2年目の2012年にローテーションに定着して8勝。2013年の日本シリーズでは2試合に先発し、11回2/3を無失点に抑えて2勝を挙げ、球団初の日本一に貢献。MVPにも輝いた。9年間で2桁勝利は2017年の11勝のみだが、安定した成績を残してきた。国内FA権を行使してロッテに移籍。通算185試合51勝60敗5ホールド、防御率3.82。

○嶋基宏捕手

 國學院大から2006年大学生・社会人ドラフト3位で入団。1年目の2007年から125試合に出場し、球宴にも選出。2010年には打率.315をマークし、ベストナイン、ゴールデン・グラブ賞を受賞し、球界を代表する捕手に。東日本大震災が発生した2011年には「見せましょう、野球の底力を」とのスピーチで注目を集めた。今季は腰痛の影響などで自己ワーストの57試合の出場にとどまっていた。

○フランク・ハーマン投手(自由契約)

 2017年にフィリーズから加入。1年目は56試合に登板し、3勝1敗1セーブ33ホールド、防御率2.72と活躍。昨季は守護神も務めるなど47試合で18セーブ、今季も50試合で21ホールドと安定して成績を残した。NPB通算153試合10勝7敗19セーブ66ホールド、防御率2.59。保留者名簿に記載されずに自由契約となったが、再契約の可能性を残している。

○ルイス・ヒメネス内野手(自由契約)

 エンゼルスや韓国プロ野球(KBO)LGでプレーし、メキシカン・リーグのメヒコから今季、育成契約で加入。開幕前に支配下登録されたが1軍出場なしに終わった。保留者名簿に記載されずに自由契約となり、退団が濃厚となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」