野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「お祭りみたい」2日間で4万人集めた鷹キャンプ 集客力の秘密と魅力

2月1日、プロ野球12球団が宮崎、沖縄で一斉にキャンプインした。待ちに待った球春到来。今年の春季キャンプは初日が土曜日、2日目が日曜日と週末に重なったため、各キャンプ地が多くのファンで賑わったようだ。

ソフトバンク・王貞治会長、城島健司会長付き特別アドバイザー、工藤監督(左から)【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・王貞治会長、城島健司会長付き特別アドバイザー、工藤監督(左から)【写真:福谷佑介】

ソフトバンクのキャンプは初日に2万人、2日目も1万9800人が集まる

 2月1日、プロ野球12球団が宮崎、沖縄で一斉にキャンプインした。待ちに待った球春到来。今年の春季キャンプは初日が土曜日、2日目が日曜日と週末に重なったため、各キャンプ地が多くのファンで賑わったようだ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 その12球団のキャンプ地でも多くのファンが訪れるのが、巨人がキャンプを行う宮崎県総合運動公園と、そして、3年連続日本一のソフトバンクがキャンプを行う宮崎市の生目の杜運動公園である。ソフトバンクのキャンプは初日に2万人、2日目にも1万9800人が訪れ、2日間で約4万人が来場した。驚異的な集客力だ。

 この集客力には、もちろん3年連続日本一というチームの魅力と立地によるところが大きい。ただ、ファンを楽しませ、そして飽きさせないようにするキャンプ地の工夫も凝らされている。

 宮崎市の生目の杜運動公園。ここでソフトバンクは主力中心のA組、若手中心のB組と全選手が一堂に介してキャンプを行っている。まず、ここに足を運べば、全選手を見ることができるというのはファンにとって1つの魅力だ。

 さらには選手が施設間を移動する際には常にファンが見ることのできる導線を通って移動する。ファンが声をかけ、それに選手が応える。運が良ければ、サインを貰ったり、握手やハイタッチなど、選手と触れ合うことのできる可能性もある。

 そして、ファンの空腹を満たす飲食の出店は約30店舗にもなる。宮崎の名物である地鶏の炭火焼や宮崎牛、肉巻きおにぎり、うどんやラーメンなど、その種類は多岐にわたる。その光景は賑わう縁日のよう。ファンからも「お祭りみたい」との声が聞かれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」