野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 阪神
  • 「僕は恵まれている」阪神・西勇輝が手にした菅野、ダルビッシュらの“エース道”

「僕は恵まれている」阪神・西勇輝が手にした菅野、ダルビッシュらの“エース道”

阪神のエースとして今シーズン自身2度目の開幕投手を務める西勇輝。熱狂的なファンからは賛辞を浴びることもあれば、容赦ないヤジも乱れ飛ぶ。大観衆の視線を浴びるマウンドでも常に冷静沈着、自らを失うことなくチームの勝利に向け腕を振る。

阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】
阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】

飽くなき向上心を持ちながらも「高望みはせず、自分の姿を客観視すること」

 阪神のエースとして今シーズン自身2度目の開幕投手を務める西勇輝。熱狂的なファンからは賛辞を浴びることもあれば、容赦ないヤジも乱れ飛ぶ。大観衆の視線を浴びるマウンドでも常に冷静沈着、自らを失うことなくチームの勝利に向け腕を振る。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 飛びぬけた球威こそないが抜群の制球力、打者との駆け引きでここまで84勝(73敗)をマーク。オリックス、阪神で先発ローテを守り続けてきた右腕の成長過程には日本を代表する“エース”たちの金言があった。

 毎シーズン進化を求め、向上心を絶やさない西勇だが「高望みはせず、自分の姿を客観視することができている。身の丈にあってないことをやってはダメだと思う」と語る。150キロを超すストレート、驚く程の変化球は誰しもが投げられる訳ではない。自身の肉体、投球フォームを知り、その中でトップレベルの技術を磨いていくことが大事だと口にする。

 プロ入り直後はオリックスのエースだった金子千尋(現・弌大)の投球に目を奪われた。沢村賞も獲得した右腕からは「練習の内容は細かく、自分がやるべきことをしっかりやること。そして立ち振る舞いは全ての人が見ている」と、投球以前にプロ野球選手としての一番必要なことを学んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」