野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

虎最強助っ人から受けた衝撃 “平成の大エース”斎藤雅樹氏「ストライク投げたら…」

プロ生活19年。1989年代後半から1990年代の巨人で先発ローテの柱として活躍した斎藤雅樹氏は、数々の名場面を生み出してきた。1993年から5年連続で開幕投手を務め、沢村賞に3度輝いた名投手。1994年には、後に「10.8決戦」と呼ばれる中日との“優勝決定戦”に2番手として登板し、5回を1失点に抑えて球史に残る名勝負を制した。

通算180勝を誇り“平成の大エース”と言われた斎藤雅樹氏【写真:荒川祐史】
通算180勝を誇り“平成の大エース”と言われた斎藤雅樹氏【写真:荒川祐史】

1983年から2001年まで巨人を支えた右腕が回顧「よく打たれたのは立浪」

 プロ生活19年。1989年代後半から1990年代の巨人で先発ローテの柱として活躍した斎藤雅樹氏は、数々の名場面を生み出してきた。1993年から5年連続で開幕投手を務め、沢村賞に3度輝いた名投手。1994年には、後に「10.8決戦」と呼ばれる中日との“優勝決定戦”に2番手として登板し、5回を1失点に抑えて球史に残る名勝負を制した。

 対戦した打者は数限りない。今、当時を振り返ってみると「よく打たれたなと思うのは立浪(和義)ですね」という。立浪氏は現役時代「ミスタードラゴンズ」と呼ばれた中日のスター選手。1987年ドラフト1位でPL学園から中日に入団すると、高卒ルーキーながら開幕戦に「2番・遊撃」でフル出場し、2009年に引退するまで中心選手であり続けた。通算2480安打、二塁打は日本最多487本という記録を持つ左の好打者は脅威の存在だった。

「やっぱりバットに当てるのが上手かったし、芯で捉えるのも上手かった。彼も1年目からずっと出ていたから、それだけいっぱい対戦したっていうことなんだけど、アイツにはよく打たれたイメージがありますね。まあ、ヒット1本2本打たれても、大事なところで打たれなければいい訳だから(笑)。

 それにしても当時の中日は強かった。落合(博満)さんには痛いところで打たれましたね。いい投手も揃っていて、まさに投手王国。(山本)昌とか今中(慎二)とかいた時ね。その前も小松(辰雄)さん、鈴木孝政さん、郭源治さん……いいピッチャーばかりでした」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」