野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

北照・学業オール「5」の主将が目指す“3連覇” 「3年間負けなかった代として終わりたい」

昨年まで2年連続夏の甲子園に出場した北照が南北海道大会“3連覇”を狙っている。北海道独自の代替大会の開催が決定。1年秋からクリーンアップに座る齋藤優斗主将(3年)は「目標ができて、やる気が出た。3連覇を目指したい」と最後の夏に挑む。

1年秋からクリーンアップに座る齋藤優斗主将【写真:石川加奈子】
1年秋からクリーンアップに座る齋藤優斗主将【写真:石川加奈子】

1年秋からクリーンアップに座る齋藤優斗主将は昨夏の甲子園でも「3番・左翼」で出場

 昨年まで2年連続夏の甲子園に出場した北照が南北海道大会“3連覇”を狙っている。北海道独自の代替大会の開催が決定。1年秋からクリーンアップに座る齋藤優斗主将(3年)は「目標ができて、やる気が出た。3連覇を目指したい」と最後の夏に挑む。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 昨夏の甲子園は「3番・左翼」で出場。4打数2安打と気を吐いたものの、チームは中京学院大中京に3-4で惜敗。先輩たちから託された夏の甲子園初勝利を今年の最大目標としてきただけに、甲子園中止が決まった時には「どうしていいか分かりませんでした」と落ち込んだ。

 それでも翌日のミーティング後には「今できることを最後までやりきろう」と気持ちを前に向けた。6月1日に全体練習が再開し、2日には夏季大会の開催が決定。「(南北海道大会で)3年間負けなかった代として終わりたいと思っています。今までやってきたことを試合で全て出すつもり。長打を打てて、チャンスに強いところを見せられたら」と言葉に力を込めた。

 169センチと小柄ながらパンチ力があり、広角に打ち分ける好打者だ。上林弘樹監督は「ホームランも打てるし、何よりここぞという場面で決める1本を打ってくれる勝負強さがある。バットコントロールがうまく、打撃に関しては、歴代でもトップクラス」と地元小樽育ちの左打者に厚い信頼を寄せる。子供の頃に体操で養ったバランス感覚と運動神経で、バク転やバク宙はお手の物。学業もオール5と優秀だ。

 小樽菁園中時代は捕手だったが、高校入学後に打撃を生かすために外野手に転向した。高校卒業後は「進学して高いレベルで野球をやりたい」と語り、幅を広げるために一塁や三塁の守備にも挑戦している。持ち味の打撃は日本ハムの近藤を理想像として磨いてきた。「思い切って初球からいく姿勢や、ボール球をしっかり見逃す技術を参考にしています」と身長171センチと球界では小柄なヒットメーカーの背中を追いかける。

 コロナ禍で約3か月間強いられた自主トレ期間をパワーアップのために有効活用した。現在78キロと昨秋から5キロの増量に成功した。「ユニホームが小さくなってちょっと動きにくいほど。冬から頑張ってきた成果が出て良かった。これからどんどん実戦をやって感覚を取り戻して大会に臨みたいです」と表情は明るい。

 20日に対外試合が解禁され、7月18日に小樽予選が開幕する。上林監督が「去年よりも熱い夏にしたいし、史上最高のチームで3連覇したい」と意気込む夏。齋藤がチームの先頭を走る。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」