野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹今宮を支える1.27センチの変化と“間” 周東との二遊間コンビが秘める可能性

ソフトバンクの今宮健太内野手が絶好調だ。26日の日本ハム戦では今季初の1番に入り、4打数2安打2打点の活躍でお立ち台に上がった。ここ3試合は本塁打を含む8安打の固め打ちで、打率3割も目前だ。26日の試合後、今宮が語った打撃好調の要因とは。そして、周東佑京内野手との師弟愛にも迫る。

26日の日本ハム戦で今季初の1番に入ったソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
26日の日本ハム戦で今季初の1番に入ったソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

ここ3試合で13打数8安打4打点

■ソフトバンク 6-1 日本ハム(26日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの今宮健太内野手が絶好調だ。26日の日本ハム戦では今季初の1番に入り、4打数2安打2打点の活躍でお立ち台に上がった。ここ3試合は本塁打を含む8安打の固め打ちで、打率3割も目前だ。26日の試合後、今宮が語った打撃好調の要因とは。そして、周東佑京内野手との師弟愛にも迫る。

 26日の日本ハム戦。1番の今宮は、初回にフルカウントまで粘ってショートへの内野安打で出塁。2番の周東が送った後、柳田悠岐の内野ゴロ間に三塁へ進塁。中村晃のタイムリーで先制のホームを踏んだ。2回には下位打線が作った1死二・三塁の好機で2度目の打席。初球を躊躇なく振り切ると、レフトへの2点タイムリー二塁打。周東のバントヒットで三塁へ進み、柳田の犠飛で4点目のホームイン。さらに4回には四球を選んで出塁し、周東の三塁打でこの日3得点目を記録した。

「あれがでかかったですね」

 今宮がそう振り返ったのが初回の内野安打だ。1番を任されたことで「何とか塁に出たいなと思っていました。当たりは良くなかったけど、ヒットになって良かった」と、先制点に繋がった出塁を喜んだ。今宮の1番起用を「(ここ2試合の好調さを)踏まえて、です」と説明した工藤公康監督も「あの1打席目の内野安打があったから次に繋がったんじゃないかな」と、初回の出塁を高く評価した。

 ここ3試合での好調の要因を尋ねると、今宮は即座に「タイミングと間(ま)ですね」と答えた。「しっかりとタイミングが取れているから、体勢を崩されても粘れるし変化球をヒットにできている」と今宮。そのタイミングの取り方も「手でタイミングを取ったり、下(下半身)で取ったり。自分の中で二択あるので使い分けたい」とも語った。

 そして、もう1つの要因として挙げたのが「松田(宣浩)さんのバットを使っていることですね」。「2戦目(実際は3戦目)の最後の打席、宮西さんが投げていた時。このままじゃ絶対に打てないと思って、勝手に持っていきました」と、松田に“無断借用”したことを告白。結果は中飛に終わったが「いい感じだったので」使い続けている。

 今宮のバットは33.5インチ、松田のバットは34インチ。「その0.5インチ(1.27センチ)の差が全然違う」と言う今宮は、ちょっと長めのバットをあえて短く持つことで「振り抜きが良くていいスイングができる」とし、今後も状況に応じて自分のバットと使い分けていきたいという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」