野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・周東が2度の「1番」で得た“気づき” 強い打球のために捨てた意識とは

ソフトバンクの周東佑京内野手が29日、本拠地PayPayドームで行われた西武戦に「1番・二塁」で先発出場。初回から三塁打を放って先制のホームイン、2回には貴重な追加点となるライトへの犠飛を放つなど、チームの勝利に貢献した。

2回に犠飛を放ったソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】
2回に犠飛を放ったソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】

1番打者として塁に出る意識を捨て、この日はあえて振る意識で打席に臨んだ

■ソフトバンク 4-2 西武(29日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクの周東佑京内野手が29日、本拠地PayPayドームで行われた西武戦に「1番・二塁」で先発出場。初回から三塁打を放って先制のホームイン、2回には貴重な追加点となるライトへの犠飛を放つなど、チームの勝利に貢献した。

 26日の日本ハム戦では今宮健太との1、2番コンビで活躍した周東。カードが変わった28日からは今宮と打順が入れ替わる形で1番に座っている。西武との初戦となった28日は4打数無安打2三振1四球。1番打者としての期待に応えられなかったが、その反省が29日の1打席目に生かされた。ファールでフルカウントまで粘り、145キロのストレートを強く振り抜くと、打球はセンターへ一直線。自慢の俊足を飛ばして一気に三塁まで進んだ。

「(1番に座った)昨日から塁に出ようというのが強すぎて振りに行けてなかったんで、今日はボールを選びながらも積極的に行こうと思っていました」と周東。1番打者として出塁を意識するのは当然だが、あえてその意識を捨てて練習から取り組んでいる自分のバッティングをすることで結果に繋げてみせた。

 2点リードで迎えた3回裏の第2打席は、1死三塁の場面で143キロのストレートをライトへの犠飛とし、貴重な追加点。「(外野手が)だいぶ前に来ていたので、浮いてきた球をしっかり強く打とうと思いました。ヒットなら最高ですけど、最低限フライが上がればと思って」と話した。

 鷹の新たなスピードスターとして脚光を浴びた昨季は、プレミア12で侍ジャパンの一員にも選出された。今シーズンはレギュラー獲りを目標に掲げ、そのための一番の課題として打撃面の成長を挙げていた。懸命にバットを振り続けることで「だんだん力もついてきていると実感もしています。去年は速い真っすぐで打ち取られることが多かったんで、そこは少しは成長しているのかなと思います」と、いずれもストレートを弾き返した2つの打席に胸を張った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」