野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹を8連勝に導くグラシアルの存在 工藤監督も認める“神”がもたらす効果

ソフトバンクが30日、本拠地PayPayドームで日本ハムに8-5で逆転勝ちし、今季12球団で最長タイの8連勝を飾った。初回にいきなり4点を先制されたものの、柳田の20号2ラン、中村晃の4号2ランなどで逆転。2カード連続の3連勝で貯金は今季最多の14とした。

2号ソロを含む2安打2打点と活躍したソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】
2号ソロを含む2安打2打点と活躍したソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

固定されつつある中村晃、柳田、グラシアル、栗原の並び

■ソフトバンク 8-5 日本ハム(30日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが30日、本拠地PayPayドームで日本ハムに8-5で逆転勝ちし、今季12球団で最長タイの8連勝を飾った。初回にいきなり4点を先制されたものの、柳田の20号2ラン、中村晃の4号2ランなどで逆転。2カード連続の3連勝で貯金は今季最多の14とした。

 初回、先発の石川が日本ハム打線にいきなり4点を奪われる展開だったが、打線がものの見事に試合をひっくり返した。直後に柳田がライナーで左翼席に届かせる20号2ランを放つなど、3点を奪い1点差。再び2点差となった3回にはグラシアルの適時打と栗原の犠飛で追いついた。

 4回には中村晃が4号2ランを放ってついに勝ち越しに成功。さらに5回にはグラシアルが2号ソロを放ってリードを広げた。終わってみれば、11安打で8得点。2番の中村晃、3番の柳田、そして4番のグラシアルが揃って2打点ずつと、中軸で得点が生まれる理想な展開となった。

 これでソフトバンクは8月22日のロッテ戦(ZOZO)から破竹の8連勝。この1週間はオリックス、日本ハムと2カード連続で3連勝し負け知らずのまま終えた。折り返し地点を過ぎ、勢いづき始めたソフトバンク。そのポイントになっているのが、キューバ人助っ人のグラシアルだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」