野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「サニブラウンに勝った男」 ドラフト候補の中大・五十幡が語る盗塁論と家族への感謝

コロナ禍で春のリーグ戦が軒並み中止となった大学野球。10月26日に迫ったドラフト会議、最後のアピールの場である秋のリーグ戦に向け、各地のドラフト候補たちも練習の日々を送っている。

中央大学・五十幡亮汰【写真:荒川祐史】
中央大学・五十幡亮汰【写真:荒川祐史】

中学時代には陸上短距離種目でサニブラウンを破り日本一になった

 コロナ禍で春のリーグ戦が軒並み中止となった大学野球。10月26日に迫ったドラフト会議、最後のアピールの場である秋のリーグ戦に向け、各地のドラフト候補たちも練習の日々を送っている。

【動画】「ほとんど無回転にできる」えぐいナックルが左右に変化 元千葉大学野球部・佐野投手の実際のブルペン映像

 かつて短距離であのサニブラウン・アブデル・ハキームを破り、「日本一速い中学生」と呼ばれた五十幡亮汰外野手。100メートルのベストは10秒79、一塁駆け抜けは3秒5を誇る。それでも、そんな稀代の俊足とは裏腹に、高校時代は決して盗塁が得意ではなかった。

「やっぱりスタートが全然違う。いいスタートさえ切れれば成功するんですが、何度も失敗して自分で苦手意識をもってしまっていた。意識が変わったのは大学3年になってから。赤星さん、イチローさん、鈴木尚広さん、福地寿樹さん、片岡治大さん、本多雄一さん、山田哲人さん…。とにかく盗塁がうまい選手の映像を片っ端から見て、重心のかけ方、スタートの一歩目を勉強しました」

 面白いことに、数多くの盗塁の名手もスタートの形はそれぞれバラバラだという。数あるサンプルの中から今は日本ハムの西川遥輝外野手を参考に、自分の形を物にしたという。昨秋はリーグ9盗塁を記録。ようやく自慢の脚力を野球に生かせるようになってきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」