野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

年俸6億1000万円でも安い? 鷹・柳田悠岐の凄すぎる打撃指標の傑出ぶり

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4000万円増となる年俸6億1000万円で来季の契約にサインした。6億1000万円は2002年の松井秀喜氏(巨人、6億1000万円)に並ぶ日本人野手史上最高年俸となった。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

セイバーメトリクスの打撃指標ではほとんどが12球団トップ

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4000万円増となる年俸6億1000万円で来季の契約にサインした。6億1000万円は2002年の松井秀喜氏(巨人、6億1000万円)に並ぶ日本人野手史上最高年俸となった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 柳田は昨年オフに年俸5億7000万円で7年契約を結び、今季がその1年目。年俸は変動制で、シーズンの結果に応じた出来高分が翌年の基本年俸に上乗せされるという契約となっていた。今季はチームの中心として119試合に出場して打率.342、29本塁打86打点と好成績を残し、最多安打のタイトルを獲得。チームの3年ぶりのリーグ優勝、4年連続の日本一にも貢献し、自身2度目となるパ・リーグMVPにも輝いた。

 球界最高の打者と言っても過言ではない柳田。今季、獲得した打撃タイトルは最多安打のみだが、残した打撃指標を見ると、どれだけ球界で頭抜けた存在であったかが良くわかる。

打率.342(リーグ2位)
29本塁打(リーグ3位)
86打点(リーグ3位)
90得点(リーグ1位)
146安打(リーグ1位)
出塁率.449(リーグ3位)

 主要な打撃成績を見ると、柳田はどれもリーグ上位に位置していることが分かる。ただ、打率では吉田正尚(オリックス)、本塁打と打点では浅村栄斗(楽天)と中田翔(日本ハム)、出塁率では吉田正と近藤健介(日本ハム)が上回っている。だが、セイバーメトリクスの打撃指標で見ると、柳田は1人群を抜く数値を叩き出している。こののデータは、セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」