野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「手首から先に感覚がなかった」 突然のイップスで一変した元燕ドラ1右腕のプロ生活

元ヤクルト投手の増渕竜義氏。埼玉・鷲宮高時代からサイドスロー気味の剛速球右腕として知られ、2006年高校生ドラフト1巡目で2球団競合の末にヤクルトに入団した。現在メジャーで活躍する田中将大投手や前田健太投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手、巨人の坂本勇人内野手らと同じ「1988年世代」。1年目から1軍でプレーしたものの、突然発症した「イップス」に悩まされて引退。2014年からは埼玉・上尾市で野球塾の塾長として活動している。現在100人の教え子を抱える増渕氏に、波乱万丈の半生を振り返ってもらった。

元ヤクルト投手の増渕竜義氏【写真:宮脇広久】
元ヤクルト投手の増渕竜義氏【写真:宮脇広久】

14年開幕直後に日本ハムへトレード移籍「悔しさ、寂しさ、申し訳なさでいっぱいでした」

 日本ハムでは首脳陣が親身に寄り添ってくれた。栗山英樹監督からは「俺は増渕の良さを知っている。1度ゼロにして、時間がかかってもいいから、少しずつ取り戻していこう」と諭された。「加藤武治2軍投手コーチは現役時代は僕と同じ右のサイドスローで、動画を一緒に見てくれたり、試合後に自主練習に付き合ってくれたり、2軍戦で登板機会をくださったり、懸命にサポートしてくれました」。それでも、本来の自分の感覚は戻ってこなかった。「140キロくらいは出るのですが、それでは僕のようなタイプの投手はプロの世界ではやっていけない。苦しかったです」と吐露する。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 結局日本ハムでは2年間、1軍で登坂することができず、27歳で戦力外通告を受けた。合同トライアウト受験を勧める声もあったが、固辞した。「仮に拾ってもらったとしても、戦力になれずに球団に迷惑をかけるのは嫌でした。何より本来の自分の感覚で投げられないことがつらくて、きっぱり諦めました」。プロ9年で通算157試合登板、15勝26敗29ホールド、防御率4.36だった。「環境は球団ごとに違うと思いますが、僕が在籍したヤクルトと日本ハムは温かかった。そういう意味でよく似ていました」と感謝を口にする。

「プロ生活に悔いはないかと聞かれれば、どんなに凄い成績を収めた選手であっても、もう少しやれたんじゃないかという悔いは残るものだと思います。僕の場合、本来の自分の感覚で終えられなかったところだけは悔いです」とした上で、「でも、プロの世界で9年もやれたことは、僕にとって間違いなく財産です」と穏やかな笑みを浮かべた。

 現在、埼玉県上尾市の「上尾ベースボールアカデミー」の塾長を務め、小・中学生計約100人を指導している。塾生を相手に連日打撃投手を務め、右腕に本来の感覚が戻っていることを感じる。「打たれたら2軍に落ちるとか、人生がかかっているというプレッシャーがないからでしょうね」と苦笑する。次回は、手作りで塾を立ち上げるまでと現況などを聞く。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「上尾ベースボールアカデミー」
練習場:埼玉県上尾市中分2-291
電話:090-8517-5811、048-677-5718
対象:幼児・初心者、小学生、中学生

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」