野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

投手歴半年&公式戦登板なしでプロへ 鷹ドラ5の運命変えたコロナ禍での一言

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー田上奏大投手が6日、本拠地PayPayドーム内で入団会見を行った。履正社高で新型コロナウイルスの感染者が出たことで、昨年12月10日に行われた新入団会見を欠席してた田上。この日改めて1人で入団会見に臨んだ。

入団会見に臨んだソフトバンクのドラフト5位・田上奏大【写真:代表撮影】
入団会見に臨んだソフトバンクのドラフト5位・田上奏大【写真:代表撮影】

田上は昨年4月に投手に挑戦、公式戦登板なしでドラフト指名された

 ソフトバンクのドラフト5位ルーキー田上奏大投手が6日、本拠地PayPayドーム内で入団会見を行った。履正社高で新型コロナウイルスの感染者が出たことで、昨年12月10日に行われた新入団会見を欠席してた田上。この日改めて1人で入団会見に臨んだ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 履正社高時代は外野手だった田上だが、ソフトバンクからは「投手」での指名となった。小学校、中学校時代は投手だったものの、高校では公式戦登板なし。それどころか投手を再び始めたのは昨年4月で、わずか半年ほどでプロから指名を受けたのだから驚きでしかない。

 驚愕の「投手指名」は新型コロナ禍がキッカケだった。投手としての練習を始めたのは去年の4月頃。新型コロナウイルスの感染拡大で自粛期間となり、センバツは中止に。さらに高校での練習もできなくなっていた時期だという。

「甲子園が無くなって打者でアピールする場がなくなったので、高校でのプロ入りは無理かなと思った。おじいちゃんからは『ピッチャーをやれ』と言われていたんです。自粛期間になって『ピッチャーの練習をしたらいいんちゃうか』と言われて。家の裏にマウンドも作ってくれていてやる気満々だったんで、やらなきゃいけなくなってやり始めた感じです」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」