野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武のドラフト1位は育っているか? 4選手がタイトル獲得、1軍未出場はゼロ

12球団にとってチーム編成の根幹を成す毎年のドラフト会議。そこで指名した選手たちが翌年、さらには3年後、5年後のチームを支える存在に育ってくれるかどうかは、球団成績の浮沈を左右する重大事だ。

西武・森友哉(左)と増田達至【写真:荒川祐史】
西武・森友哉(左)と増田達至【写真:荒川祐史】

2008年以降の12年でAクラス8回と好成績を残す西武

 12球団にとってチーム編成の根幹を成す毎年のドラフト会議。そこで指名した選手たちが翌年、さらには3年後、5年後のチームを支える存在に育ってくれるかどうかは、球団成績の浮沈を左右する重大事だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 では、各球団は近年どれだけドラフト1位で指名した選手たちを育て上げることが出来ているのか。希望枠、自由獲得枠が廃止され、ドラフトが現行システムとなった2008年以降のドラフト1位指名選手の成績を検証してみよう。

 なお、編集部独自に採点基準を設定。継続的に数多く試合に出場し、チームの戦力となり続けているかを計るために出場試合数に応じた得点制とし、10点満点とした。なお、先発、中継ぎ双方で投げた投手には「先発数×2.5」試合で補正をかけることとした。

・野手:100試合、300試合、500試合、700試合、1000試合出場で1点ずつ
・投手(先発):20試合、50試合、75試合、100試合、150試合で1点ずつ
・投手(中継ぎ):50試合、100試合、150試合、200試合、300試合で1点ずつ
・個人タイトル獲得者:4点ずつ(ベストナイン、ゴールデングラブ賞も含む)

 今回は2018年、2019年と2年連続でパ・リーグ優勝を果たし、昨季は3位に終わった西武だ。2008年以降の12年間でリーグ優勝3回、Aクラス8回の成績を残し、ドラフト1位で4人のタイトル獲得者を輩出している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」