楽天、田中将大の加入で先発ローテは残り1枠か 仁義なき争いを制するのは誰だ?

田中将大の加入で先発ローテの残りはわずか「1」枠に【写真:荒川祐史】
田中将大の加入で先発ローテの残りはわずか「1」枠に【写真:荒川祐史】

石井監督は“GM目線”で台頭を望む「実際にみんな30歳を超えてきている」

 田中将大投手の8年ぶり復帰で、今季の楽天の先発ローテーションは超豪華な顔ぶれになる。田中将大(日米通算177勝)、涌井秀章(通算144勝)、岸孝之(同132勝)、則本昂大(同85勝)の“四天王”は合わせて通算538勝(メジャーを含む)。最速155キロを誇るドラフト1位ルーキー左腕・早川隆久も有力だ。そうなると、6枚の先発ローテ枠のうち残りはわずか「1」ということに。ボーダーライン上の投手にとっては過酷な状況である。

 楽天の沖縄・金武キャンプは、第2クール初日の6日から合流し9日まで別メニュー調整を続けた田中将はともかく、涌井、岸、則本昂の3人は連日ブルペンで意欲的に投げ込み、例年以上に仕上がりが早いように見える。新人の早川のローテ入りについても、石井一久GM兼監督が「オープン戦で結果を出してくれれば、僕たちはそのスポットを用意できる」と明言している。

 そんな狭き門の先発ローテ入りを、虎視眈々と狙う投手は数多い。昨季1軍で先発した投手は、涌井、岸、則本昂、抑え転向が決まっている松井を除くと、塩見貴洋(16試合)、石橋良太(13試合)、弓削隼人(10試合)、瀧中瞭太(8試合)、福井優也(7試合)、辛島航(6試合)、藤平尚真(1試合)の7人。

 このあたりが今季も先発候補と見られるが、瀧中と辛島以外の5人はキャンプ2軍スタートとなった。その他、昨季途中に巨人から移籍し1軍キャンプに参加している高田萌生も「首脳陣からは『先発で』と言われています」と準備を進めるなど、ハイレベルで過酷なサバイバルが展開されている。

辛島「争って勝ち取って6枚そろうのが強いチーム」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY