根尾や石川昂より「早くレギュラーになる」 周囲も認める中日19歳外野手の可能性

中日・岡林勇希【写真:小西亮】
中日・岡林勇希【写真:小西亮】

昨季は2軍で優秀選手賞、同僚も認める才能「自分のタイミングで打てる」

 昨季8年ぶりのAクラス入りを果たした中日では、悲願の優勝に向け若手の台頭が求められている。春季キャンプで注目を集めているのは、遊撃でのレギュラー奪取を目指してアピールを続ける3年目の根尾昂内野手。その一方で、周囲の評価を高めている高卒2年目の外野手もいる。

 チームにとって今季初の対外試合となった13日のDeNAとの練習試合(北谷)。「2番・中堅」でスタメン出場した岡林勇希外野手は、3打数2安打と躍動した。10球粘って四球を選んだ打席もあり、与田剛監督は「どんどん経験を積んでほしい」と目を細めた。20日の阪神戦(同)では盗塁を成功させるなどアピールを続ける。

 三重・菰野高時代に最速153キロを誇ったエース右腕は、2019年ドラフトで5位指名を受けて入団。走攻守での非凡なポテンシャルから外野手に転向した。ルーキーイヤーの2020年は2軍戦で64試合に出場し、打率.285、15打点、4盗塁をマーク。ウエスタン・リーグの優秀選手賞を獲得し、1軍舞台も6試合経験した。

 成長ぶりは同僚たちも認めるところ。選手会長の京田陽太内野手は「球をコンタクトさせるのが上手い。自分のタイミングで打てているなと見ていて思いますし、タイミングが合わなければファウルで逃げることができる。イメージだけで言うと、大島さんみたいな感じですかね」とも。2年連続最多安打を獲得したベテラン安打製造機を引き合いに、秘めたる才に目を見張る。

“ポスト大島”が叫ばれる外野陣、ルーキー三好とともに台頭なるか

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY