千賀&東浜が出遅れも候補いっぱい… 当確は3人、鷹の開幕ローテを独自予想

ソフトバンク・高橋礼、石川柊太、和田毅(左から)【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・高橋礼、石川柊太、和田毅(左から)【写真:福谷佑介】

当確は石川、和田、高橋礼の3人だけ、ソフトバンクの開幕ローテ

 26日のシーズン開幕まで1か月を切り、各球団の戦力状況が明らかになりつつある。主力は調整の最終段階に入り、開幕1軍入りを目指す選手はアピールのラストスパートを迎える。チームの開幕ダッシュに向け、重要になってくるのが先発投手の開幕ローテーション。オープン戦での結果次第で状況は変わるものの、現時点での各球団の6枚を占ってみたい。今回は2年連続のリーグ優勝、5年連続の日本一を狙う王者ソフトバンクだ。

○開幕ローテ予想(昨季成績)
石川柊太(18試合11勝3敗、防御率2.42)
和田毅(16試合8勝1敗、防御率2.94)
高橋礼(52試合4勝2敗23ホールド、防御率2.65)
笠谷俊介(20試合4勝4敗、防御率2.84)
武田翔太(7試合2勝2敗、防御率6.48)
二保旭(12試合4勝5敗、防御率4.92)

 昨季の投手3冠に輝いた千賀滉大投手がふくらはぎのコンディション不良、開幕投手を務めて9勝をマークした東浜巨投手は新型コロナウイルスの影響による調整遅れと、大黒柱2人を開幕時に欠くことが想定されるソフトバンク。その中で開幕投手は、昨季11勝で最多勝と最高勝率のタイトルを手にした石川柊太投手が務めることが決まった。

 この石川も含め、開幕ローテ入りが当確しているのがベテランの和田毅投手、そして昨季は中継ぎで52試合に登板した2019年の新人王・高橋礼投手。この3人のローテ入りは確実で、しかも、3月26日からのロッテとの開幕カードにこの3人が先発する見込みとなっている。

当確組以外の残る3枠を争うローテ候補の5人は…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY