阪神ドラ1佐藤輝が衝撃デビュー弾 打たれた鷹・石川も驚く「あの打球が入るのか」

1号ソロを放った阪神・佐藤輝明(左)と先発したソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】
1号ソロを放った阪神・佐藤輝明(左)と先発したソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】

2打席目にはバットをへし折り「メンツは保ったかな」

■阪神 4-0 ソフトバンク(オープン戦・5日・PayPayドーム)

 阪神の佐藤輝明内野手が5日、敵地PayPayドームで行われたソフトバンクとのオープン戦で衝撃の本塁打を放った。初のオープン戦で、初回の第1打席で左翼ホームランテラス席へソロ本塁打を放った。

 初回2死で迎えた第1打席だった。昨季パ・リーグで最多勝と最高勝率の2冠に輝いた石川柊太投手と対戦。同じ「ももいろクローバーZ」を愛する“モノノフ対決”として注目された対決は2球目、石川が投じた外角のボールを佐藤輝が捉えた。打球は左翼ホームランテラス席まで届くソロ本塁打になった。

 一発を打たれた石川は降板後に佐藤輝について印象を口にした。「特別に意識はしていなかったですけど。あの打球が入るのか、凄いな、まじか、みたいな感じはありました」と、フラフラと舞い上がった打球をテラス席まで届かせたドラ1ルーキーのパワーに驚いたよう。

 逆に2打席目はバットをへし折って二ゴロに打ち取り「2打席連続でやられるわけにはいかないと、持てる球種フルに使って、結果バットを折ったんでメンツは保ったかな。見てる人が楽しんでもらえれば、野球選手として嬉しいんで」と振り返っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY