死球だと思い避けたらストライク… オリ山本の“衝撃の変化球”が「とんでもない」

オリックス・山本由伸の変化球にバッターは身を屈めた【画像:パーソル パ・リーグTV】
オリックス・山本由伸の変化球にバッターは身を屈めた【画像:パーソル パ・リーグTV】

8日のロッテ戦で7回6安打1失点で2勝目をマークした山本由伸

■オリックス 5-1 ロッテ(8日・ZOZOマリン)

 8日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦で今季2勝目をマークしたオリックスの山本由伸投手。今季3度目の先発マウンドに上がると、7回を投げて6安打1失点、8個の三振を奪った。レアードにソロを浴びたものの、それ以外に危なげはなく、自身2連勝とした。

 真っ直ぐ、変化球どちらも一級品の山本だが、この日投じたカーブもまた凄かった。4点をリードした5回2死一塁で打席には荻野を迎えていた。2ボール2ストライクからの5球目に選んだのがカーブ。一度、荻野の体に向かうように投じられたボールに対し、荻野は身を屈めて避けようとしたが、ボールは急激に変化してストライクゾーンに入っていった。

 打者が死球かと思い、避けてしまうほどの変化球。この1球を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「【衝撃の変化球】山本由伸『切れ味鋭いカーブ』で死球と思って避けたら…」と動画で紹介すると、ファンは「これリアルタイムで凄すぎて笑ってしもた」「こんだけ避けるということはとんでもないんだろうな」「これは由伸が凄すぎる」「プロがこんな見逃し方するってヤベェな」「これが本当の消える魔球」「こんなん打たれへんやろ」「エグすぎてわろたwww」と驚愕していた。

【動画】死球を避けたらストライク… オリ山本由伸が投じた衝撃の変化球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY