大谷翔平、第5打席で今季初の猛打賞 技あり左前打、弾丸2点二塁打、適時二塁打

敵地でのロイヤルズ戦で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地でのロイヤルズ戦で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7回の右越え2点二塁打の打球速度119マイルは今季メジャー最速

■ロイヤルズ ー エンゼルス(日本時間13日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で5試合連続安打となる左前打、7回の第4打席で右越え2点二塁打を放つと、9回の第5打席で左翼へ適時二塁打。今季初の猛打賞をマークした。

 初回1死は24歳右腕シンガーの内角低めスライダーをライナーで左前へ。打球速度107マイル(約172.2キロ)の高速打球だった。3回無死一、三塁でニゴロ併殺打、5回2死二、三塁では遊ゴロ失策に倒れたものの、7回2死二、三塁では3番手右腕バーローから右越え2点二塁打を放った。打球速度は自己最速で今季メジャー最速の119マイル(約191.5キロ)。今季2本目の二塁打でリードを再び3点に広げた。9回の第5打席でも結果を残した。

 前日11日(同12日)にフロリダ州ダンイーデンで行われる予定だったブルージェイズ戦は雨天中止。試合前まで今季は9試合出場し、打率.294(34打数10安打)、3本塁打、8打点、2盗塁。この日の試合前にはブルペン入りして10球の投球練習を行った。カンザスシティでも打撃好調をキープした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY