大谷翔平は「スペシャルな選手」 球宴前での日本人最多32号にマドン監督激賞

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

左投手からの一発に指揮官「非常に非常に重要なこと」

■エンゼルス 5ー4 Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。本拠地でのレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回先頭で迎えた第3打席で3試合ぶりの32号勝ち越しソロを放ち、オールスター前にも関わらず、2004年に松井秀喜氏が記録したシーズン最多本塁打記録を塗り替えた。これが決勝弾となり、エンゼルスは2連勝を飾った。

 試合後のジョー・マドン監督も大谷への賛辞を惜しまなかった。わずか出場81試合目、オールスター前に日本人最多本塁打記録を更新した大谷に対し「改めて、私たちはスペシャルな野球選手について話している。次になにを成し遂げるのか非常に興味深い」と語った。

 大谷の一発は同点で迎えた5回の第3打席で生まれた。3球目、5球目と脚に自打球を当てて絶叫し、顔を歪めた大谷。痛みに耐えつつ、7球目のチェンジアップを右翼スタンドに運んだ。続くウォルシュも2者連続本塁打で続き、リードを広げてチームを連勝に導いた。

 現在、エンゼルスは主砲トラウトを怪我で欠いている。トラウトが復帰し、大谷への警戒が分散すれば、更なる活躍も期待できる。指揮官も「マイキー(トラウト)も戻ってくるからね。彼がこれだけホームランを打てているのは、ストライクゾーンの見極めができるようになったからだ。彼がストライクゾーンを広げて投手がストライクを投げないようになれば、今のようにはなっていない。(トラウトなどの中軸打者が復帰すれば)プロテクションが増すし、それを維持することができるはずだ」と期待した。

 この日は大谷の後ろを打つウォルシュも2本の本塁打を放ち、打線を牽引。左打者2人について「とてもスペシャルだ。2人とも左投手相手に打った。これは非常に非常に重要なことだ。ウォルシュは最近、ショウヘイもそうだが、平凡な左投手ではなく、非常に良い左投手から打っている。彼とウォルシュがこのレベルを続けることができれば、これからラインナップを組むにあたって、多くの違いを生むことができる」とし、トラウトを故障で欠く中でチームを支える2人への信頼を口にしていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY