ポニー江東ライオンズがサヨナラV! 主将が3安打&劇的打、関東秋季コルト選手権

サヨナラ打を放った江東ライオンズ・小板橋慶太主将【写真:川村虎大】
サヨナラ打を放った江東ライオンズ・小板橋慶太主将【写真:川村虎大】

逆転サヨナラ打の主将・小板橋「回るべくして回ってくるんだな」

 ポニーリーグ(中学硬式野球)の3年生が参加する「関東地区秋季コルト選手権大会」の決勝が7日、東京・大田スタジアムであり、江東ライオンズ(東京)が横浜旭峰ポニー(神奈川)に4-3で逆転サヨナラ勝利を収めた。

 江東ライオンズは初回2死一、二塁で、5番・田山虎雅外野手の放った強烈なライナーが遊撃手の失策に繋がって先制。2回2死二塁では、主将・小板橋慶太外野手の左前適時打でさらに1点を加えた。ただ、その後は追加点を奪えず、一進一退の展開に。先発の住吉健太郎投手は6回まで2失点の好投を見せていたが、同点で迎えた最終7回に勝ち越しを許した。

 チームには重たい空気が漂ったが、選手は諦めていなかった。その裏の攻撃で、2四死球と右前打で無死満塁のチャンスを作り、打席にはこの日2安打の小板橋。「ストレートしかないと思いました」。真ん中低めの直球を弾き返し、中越えの2点サヨナラ適時打で決した。

 最優秀選手賞を獲得した小板橋は「回るべくして回ってくるんだな」と千金打に笑顔。江東ライオンズ・コルト部門の小柳雄二監督は「選手らが自ら考えて、プレーしてくれた。いい思いをさせてくれた選手に感謝したい」と称えた。

(川村虎大 / Kodai Kawamura)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY