劇的サヨナラのポニー江東ライオンズは「ノーサイン」 選手に決断託したワケ

ポニーリーグの関東秋季コルト選手権大会で優勝した江東ライオンズ【写真:川村虎大】
ポニーリーグの関東秋季コルト選手権大会で優勝した江東ライオンズ【写真:川村虎大】

劇的サヨナラ勝利を収めた江東ライオンズ

 打球がセンターの頭上を越えると球場が沸いた。7日に行われたポニーリーグ(中学硬式野球)の関東秋季コルト選手権大会決勝。江東ライオンズは、横浜旭峰ポニーに4-3で劇的サヨナラ勝利。3年生最後の大会を最高の形で締めくくった。

「実は今大会、僕はサインを出していないんです」。試合後、小柳雄二監督は明かした。3年生のみが出場するコルト部門最後の大会。自ら指示をするより、選手が考え、選択することが次につながると考えたからだ。

 決めたのはオーダーと選手起用のみ。「優勝はもちろん嬉しいですけど、3年生ですからね。上の舞台に行くので、考えてやらせた方がいいかなと。実際、選手同士でよく話し合っていました」。選手らが考えたのは、バントを使わず、早いカウントで打つことだった。

中盤4イニングで1安打5三振でも選手らに託した

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY