鍼折れて開幕ローテ逃すも「しょうがない」 不慮の事故に見舞われた松本裕樹の胸中

ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】

「黙ってやったら(プレー)できたのかも」という松本だが…

 不慮のアクシデントにより、開幕ローテ入りを逃したソフトバンクの松本裕樹投手。福岡市内の治療院で腰の鍼治療を受けた際、折れた鍼の一部が体内に残ってしまうという事故に見舞われた。埋没した鍼を除去するために患部を切開し、リハビリ組へ。現在は実戦復帰を果たし、逃したローテ入りに向けてファームで汗を流している。

 アクシデントから2週間ほどが経った4月5日、ウエスタン・リーグの広島戦で復帰登板。3回43球を投げ、2安打1失点だった。力のある真っすぐを投げ込み、影響を感じさせなかった。中4日で登板した10日の同オリックス戦では3回5失点と結果は出なかったものの、88球を投げて体力面での不安は感じさせなかった。

 鍼が折れて体内に残るという驚きのアクシデント。松本によると、常に痛みがあるのではなく「たまに中で引っかかるような感じ。動かすときに、中で皮膚か肉に引っかかって動きづらさがあった」という。せっかく掴んだ開幕ローテ。そのままにして投げようとも考えた。

「もしかしたら、黙ってやったら(プレー)できたのかもしれないですけど……」と松本は言う。ただ、責任ある立場であることからチームに報告。思っていたよりも鍼は深く入っており、患部を切開して残っていた鍼を除去する手術を受けることになった。不幸中の幸いか、鍼は筋肉までは達しておらず、痛み自体は縫合した傷口の痛みくらいだった。

「そうなってしまうほどの身体でもあった」とアクシデントを冷静に受け止めた

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY