鷹・上林誠知にかかる“救世主”の期待 今季初の猛打賞に藤本監督「当分はいける」

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

8回に一時勝ち越しとなる適時打を放ち「積極的に打ちにいくことができている」

■楽天 6ー5 ソフトバンク(16日・北九州)

 16日に北九州市民球場で行われた楽天戦で痛恨の逆転負けを喫したソフトバンク。1点リードで迎えた最終回に守護神の森唯斗投手が西川遥輝外野手に逆転2ランを浴び、目の前にあった白星を逃した。楽天に勝率の差でひっくり返されて首位陥落となり、マイナス0.5ゲーム差の2位となった。

 手痛い敗戦となったソフトバンクで明るい材料となったのが、一時勝ち越しとなる適時打を放った上林誠知外野手だ。同点で迎えた8回。1死一、二塁で打席に入ると、楽天4番手の安楽から右翼線へと弾き返す二塁打。二塁走者は悠々と生還し、勝ち越し点を生み出した。

 この日は「6番・中堅」でスタメン出場した上林。2回に左翼線へ先制点に繋がる二塁打を放って出塁すると、4回の第2打席も痛烈な当たりで三遊間を破って左前安打。4打数3安打1打点1得点で今季初の猛打賞とし、出場した試合は4試合連続安打と状態を上げてきている。

 試合後、上林は球団を通じて「前の試合からいい感覚が続いていたので自信を持って打席に入ることができました。チャンスの場面では、積極的に打ちにいくことができている結果、受け身にならずに自分から仕掛けていくことができていると思います」とコメント。上林自身も徐々に、打撃の感覚に手応えを感じているようだ。

 藤本博史監督も「だいぶ積極的になってきて、いい時の状態に戻ってきたんじゃないかな。当分はいけるんじゃないか」と頷く。チームは栗原陵矢が今季絶望。柳田悠岐も一時的ではあるものの、戦列を離れている。難しいチーム状況の中で、上林に救世主として、そしてレギュラー奪還の期待が高まりつつある。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY