千賀滉大も見込んだ逸材右腕 鷹育成・中村亮太が2人の“育成の星”から得た気付き

ソフトバンク・中村亮太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村亮太【写真:藤浦一都】

普段は大人しそうな中村亮もマウンド上では闘争心剥き出しの姿に変貌

 開幕前での支配下登録は叶わなかった。それでも、2020年の育成ドラフトで、ソフトバンクから“最下位指名”で入団した中村亮太投手は飛躍への思いを胸にたぎらせている。

 育成2年目の中村亮は春季キャンプ途中からA組に昇格。オープン戦でも3試合に登板した。開幕直前まで“1軍”に帯同し、アピールを続けてきたものの、支配下登録には至らなかった。かたや、同じく育成で共にA組でしのぎを削った藤井皓哉投手は支配下に昇格。移籍後初勝利をマークするなど、1軍で結果を残している。

 中村亮は悔しい気持ちを胸に抱きながら「自分の方がこういうところがあるんだぞって、ちょっとでも感じてもらえるように頑張ります」と気持ちを新たにした。持ち味は強気のピッチングで三振が奪えるところ。普段は大人しそうな風貌だが、マウンド上では豹変。入団時から先輩たちにも「マウンド行ったら変わるよね」と言われるほど。闘争心を剥き出しにし、打者と対峙する。

 昨秋のキャンプ中、そんな中村亮に声を掛けた先輩がいる。「中村君、今年1年見てきて、面白いなと思ったんだけど、自主トレどう? 来ない?」。誘いの主はエースの千賀滉大投手だった。それまでほとんど話したこともなく、中村亮は驚いた。ただ、球界屈指の投手に声を掛けられて断る理由なんてもちろん無し。願ってもない声掛けに胸を高鳴らせ、今年1月には千賀や石川柊太投手らが行う宮古島での自主トレに参加した。

千賀が見出した中村亮の魅力「伸びしろがあって面白そう」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY