千賀滉大も見込んだ逸材右腕 鷹育成・中村亮太が2人の“育成の星”から得た気付き

いつでもどこでも野球の話をしている千賀と石川「あの2人は本当に野球を愛しています」

 元々、カーブは、昨季までファームの投手コーチを務めていた倉野信次氏に「石川柊太のカーブと似ている」と言われていた。そのため、満を持して中村亮は石川にカーブについて質問することが出来た。カーブを投じる意図や感覚的なことを助言されると、早速、カーブが効果的に使えるようになってきたという。

 偉大な先輩たちから学んだ事は技術面だけではない。千賀と石川はグラウンドを離れても、いつでもどこでも野球の話をしていたという。「あの2人は本当に野球を愛しています」と中村亮。自身も当然、野球が好きで向き合ってきたが、口を開けば野球のことばかりの2人のそばで過ごした日々に「自分が知ってる野球はごく一部」と痛感させられた

 あれだけ結果を残している選手が現状に満足することなく、四六時中、野球に向き合い続けていることを間近で感じた中村亮は「自分は休んでいる暇なんてない。こんなに凄い選手達でもこんなに考えて練習しているんだから、育成の自分はもっとそれ以上に練習しないと、1軍で主力としてプレーするのは難しいはず」と意識が変わった。

 春先から濃密な時間を過ごし、成長を遂げている中村亮。藤井、田上と育成から立て続けに新戦力が誕生したソフトバンクで、残されている支配下登録の枠は2つしかない。千賀が見込んで声をかけたほどの逸材は、ここからどうやって支配下登録を掴みに行くのか。

(上杉あずさ / Azusa Uesugi)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY