リチャードが2打席連発含む3安打7打点 ソフトバンク2軍が中日に18得点大勝

ソフトバンク・リチャード【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・リチャード【写真:福谷佑介】

リチャードは2回に4号2ラン、3回に5号3ランを放つ

 ソフトバンクの2軍は19日、ナゴヤ球場で行われたウエスタン・リーグ中日戦に18-3で大勝した。リチャード内野手が2打席連続本塁打を含む3安打7打点の大暴れ。渡邉陸捕手も2安打4打点と結果を残した。

 2回、先頭の渡邉陸が四球で出塁すると、リチャードが左中間スタンドへ4号2ランを放って2点を先制した。3回には2死から野村大樹内野手の四球、正木智也外野手の左前安打で一、二塁とすると、渡邉陸が中前適時打。さらにリチャードが右翼ポール際スタンドに飛び込む5号3ランを放ってリードを広げた。

 5回にも渡邉陸、リチャードの連続適時打で3点を加えると、6回には3連続押し出し四球や代打・黒瀬健太内野手の走者一掃の適時二塁打などで大量9点を加えた。リチャードはこの日、4打数3安打2本塁打7打点、渡邉陸も3打数2安打4打点と、2人で11打点を稼いだ。

 先発した新外国人のタイラー・チャトウッド投手は4回を投げて5安打3四球で3失点。2番手の松本裕樹投手が1回を無安打無失点と抑えると、3番手の高橋礼投手、4番手の中村亮太投手も無失点リレーで繋いだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY