鷹2軍は中日にサヨナラ負け 正木&渡邉がマルチ安打も甲斐野が9回に3失点

ソフトバンク・甲斐野央【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐野央【写真:藤浦一都】

先発の杉山はエラー絡みで1点を失うも、5回2安打3四球1失点

 ソフトバンクの2軍は21日、ナゴヤ球場でウエスタン・リーグの中日戦を戦い、3-4で逆転サヨナラ負けした。1点ビハインドの7回に3点を奪って逆転したものの、9回に甲斐野央投手が一気に3点を失ってひっくり返された。

 1点ビハインドの7回、先頭の正木智也外野手が右前安打を放って出塁すると、野村大樹内野手が四球を選んでチャンスを拡大。続く渡邉陸捕手が右前適時打を放って同点に追いつくと、相手捕手の悪送球なども重なってさらに2点を加えて試合をひっくり返した。チームが5安打に終わる中で正木と渡邉はこの日2安打ずつと気を吐いた。

 先発の杉山は2回に味方のミスも絡んで1点を失ったものの、5回まで2安打6奪三振1失点と好投。2番手以降の椎野新投手、中村亮太投手、重田倫明投手も無失点で繋いだものの、9回の甲斐野が誤算。先頭の平田に右前安打を浴びると、四球と自らの失策で満塁とされ、代打・郡司に2点適時二塁打を浴びて同点に。続く三好の打球を一塁の井上が弾いてサヨナラタイムリーエラーとなった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY