ホークス石川柊太が自覚する“求められる”役割 火曜日の先発投手の重要性

26日の西武戦に先発するソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】
26日の西武戦に先発するソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】

「中継ぎの人がタフな1週間になるかどうか」

 ソフトバンクの石川柊太投手が26日に本拠地PayPayドームで行われる西武戦に先発する。25日に行われた投手練習で最終調整を行った右腕は今季4度目の先発マウンドに向けて「体のところで引き続き前回とまあいい意味で変わってないので、前回と同じような気持ちで投げられればいい」と視線を向けた。

 前回登板だった19日のオリックス戦では7回2安打無失点の好投で山本由伸投手に投げ勝って今季初勝利をあげた。球界屈指の投手に投げ勝つ最高の形での初白星となったものの、石川は淡々としたもの。「相手では変わらない。勝ちは勝ちだし、負けは負け。ルーキーに負けたからなんだ、いい投手に勝ったからなんだっていう話で、向こうの投手に失礼。相手がルーキーだから負けちゃいけない、とかいう話じゃない。勝った負けたより、次の試合にどう調整していくか」と考えを語る。

 ただ、自身の投球内容には手応えを得ている。「打者の反応がいいので、フォーム的にリリースが安定しているのかな、と。力の伝わり具合、フォークも空振り取れたりするし、真っ直ぐも頑張って投げようとすれば投げられたりするところがあるので、いい感じで投げられているんじゃないかな、と。バッターの反応がいいからいい感じで投げられているのかな、と」。前回登板は10個の三振も奪った。ボール自体の感触はいい。

 カードの“アタマ”となる火曜日の先発登板。石川が早期降板となれば、連戦が控える中継ぎ陣にとっていきなり負担がかかる。足首の違和感で1回で降板した4月5日のオリックス戦はまさに、その中継ぎ陣に負担をかける展開となってしまった。

 それだけに首脳陣、チームから求められる役割は十分に理解している。「1週間の初めにどういう投球をするかで、中継ぎの人がタフな1週間になるかどうか(が決まる)。1日目からその戦いは始まってる。注ぎ込み、中継ぎに負担がかかりすぎて『しょうがないよね』みたいな状況になる前に、先発が頑張っていきたい。その中で長いイニングを投げられたらいい」と石川。6連戦の先陣を、気持ちの良い形で切りたいところだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY