鷹を快勝に導いた“影のヒーロー” 藤本監督が津森宥紀に寄せる全幅の信頼

ソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】

6回2死満塁の窮地を凌ぐと“回跨ぎ”で7回も抑える

 26日にPayPayドームで行われた西武戦に3-0で勝利し、3連勝を飾ったソフトバンク。2回の柳町達外野手の先制打、7回のジュリスベル・グラシアル内野手の2ランで奪った3点のリードを、先発の石川柊太投手ら投手陣が無失点リレーで守り抜き、6連戦の初戦を白星で飾り、貯金を7に増やした。

 再三のピンチを凌ぎ続けたソフトバンクの投手陣。その中でも勝負の分かれ目となり、この日の影のヒーローとも言える好リリーフを見せたのが、3番手の津森宥紀投手だろう。藤本博史監督も「頼りにしているんで、しっかり投げてくれるのは心強い」と全幅の信頼を寄せている。

 この日の津森の出番は1点リードの6回に巡ってきた。先発の石川が2死から山川穂高内野手に四球を与え、外崎修汰内野手に左前安打を浴びたところで降板。左キラーの嘉弥真新也投手にスイッチした。左腕は呉念庭内野手のバットを折りながらも打球は左前へと抜けてピンチは満塁へと拡大。ここでソフトバンクベンチは津森をマウンドに送った。

 今季10試合目の登板となった津森は1ボール2ストライクからの4球目、外角へのスライダーで詰まらせて二ゴロに打ち取った。一打逆転の窮地を脱する好救援を見せると、そのまま回を跨いで、7回もマウンドへ。2死としてから岸潤一郎外野手に三塁打を許したものの、最後は源田壮亮内野手を150キロの真っ直ぐで空振り三振に仕留めて、またしてもピンチを凌いだ。

難しいとされる“回跨ぎ”も「そこは津森を信用して」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY