山本由伸をどう攻略する? オーダーは? 鷹・藤本監督が試合前に語った全て

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

前回の対戦で山本を打った牧原大成を2番に起用

 ソフトバンクは3日、本拠地PayPayドームでオリックスと対戦する。先発は石川柊太投手で、相手の先発は山本由伸投手。藤本博史監督は試合前に報道陣に対応し、山本攻略プランやオーダーについて語った。

 藤本監督の主な一問一答は以下の通り。

――リチャード選手が合流。
「調子は良くないですけどね。ガルビスに代わる調子がいいのがいない状態なので。それやったら、ポジション的にはリチャードかなというところで。こっちで調子上げてくれたら。一発の魅力はありますからね。そこだけです」

――アタマ(スタメン)から使う?
「明日からですね。山本くんですから。3三振されたら嫌やから。入りやすいところから」

――山本由伸投手が先発。
「もうなかなか手を取れるピッチャーじゃないんでね、こっちはもう石川に頑張ってもらうしかないし、打線的にはもう1点1点、本当にもう最初から大量点取れるピッチャーじゃないんですよね。1点1点大事にとっていきたい」

――調子のいい今宮選手は2番に?
「今宮は8番。2番は牧原です。調子がいいといっても、山本くんはなかなか打てないですよ。どの球をとっても一級品ですからね。それをどうする攻略するか。山本と相性の良いバッターを、ウチの中でね。なかなか全部が全部打ててないんですけど。今宮は8番で気楽なとこじゃないけど、今まで通りのバッティングしてくれたらいいんじゃないかな。当然そのうちにありますよ。今の状態が続いてくればね。いきなり山本で行って打てなかったら、またおかしくなるじゃん」

――2週間前に勝っているが。
「まあまあ、必死で1点、2点取った試合やからね。そういうところで今日も必死で1点1点取っていかないとね。山本だから入りやすいとかについてはそれはないと思います」

――打線としては結構ヒットが出ている。
「あと1本っていうところがね、今日なんか特にいいピッチャーだからね、そういうとこが大事になってくるんじゃないかなと。がっついていくのも大事だし、球数を投げさせるっていうのも大事だし、これ本当に難しいですよね。いいピッチャーだから積極的に打たないと追い込まれたら打てないよ、でも球数を投げさせてくれ、というのは、なかなかこれはね。口で言うのは簡単だけど、やる方からしたら大変だと思います。全員が中村晃にならないとね」

――柳田選手の守備は。
「まだ10やったら1ぐらい残存があるんでね、守備のところで。痛いままさせられないんで、ゼロになるまでは。ジュリ(グラシアル)の疲れが心配なんだけどね、本人は大丈夫言うてるけど。ただ守ってから打ち出したじゃない。やっぱり本人は守りたいって、DHのときも言ってるわけだから」

――ずっと守らせるわけにはいかない?
「なかなか厳しいですね。守備面でもね、普通にこなしてくれてるけど、特別上手いわけでもないからね。そういう意味ではね、考えながらやっていく」

――石川投手に期待することは?
「こっちが点取るまではゼロに抑えてくれ、と。先に点取る方がね、絶対有利なんで。こないだの仙台も雨が降っててね、絶対に1点1点取らないといけないんだから、得点圏に進めたけど、なかなかもう1本がね。5回は本当素晴らしい連打で、天も味方してくれなかったですね。普通なら3点くらい入ってたと思うんだよね。ああいう繋がりが欲しいですし、あれは本当見事だったと思いますよ。あれを早い回からやらないと、やっぱり山本も100球超えたら次のピッチャーが出てくるわけだから、その時点でうちが勝ってたら相手もいいピッチャー使ってこれない。勝ちのゲームのピッチャー使ってこれないわけじゃない。勝率的には上がりますよね。やっぱり山本が代わる時に1点でもウチが負けていたら、勝ちのピッチャーが出てくるわけですから。そうなったらなかなか点は取れないですよね。やっぱり先発ピッチャーからしっかり点を取って、中盤でこっちが有利にいれば、その試合、勝ちになる確率は高くなる。1点ずつ取っていきたいですね」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY