「本当に理想の展開」鷹はどう山本由伸を攻略した? 試合後の藤本監督が語った全て

ソフトバンク・藤本博史【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史【写真:藤浦一都】

石川の5回途中降板は「非情の交代といえば非情の交代」

 ソフトバンクは3日、本拠地・PayPayドームで行われたオリックス戦に7-3で快勝した。オリックスのエース・山本由伸投手から柳田悠岐外野手が勝ち越しの満塁弾を放つなど、10安打を浴びせて7点を奪った。連敗を4で止めた藤本博史監督の試合後の一問一答は以下の通り。

――連敗が4で止まりました。
「ちょっと、4というかね、なんか勝てないなというところがあったんでね、今日は本当に柳田が良く打ってくれましたね」

――ここ数試合はちょっと残塁の数も多かった。
「この勢いでね、明日からチャンスでね、安打が出るようになってもらいたいですね」

――先発した石川投手がリードしていて降板?
「非情の交代といえば非情の交代なんですけど、ちょっとね、ボールが高くなってるっていうのと、真っすぐのスピードがちょっと落ちてきていた。相手は山本なんで、まだあと1回、2回来るなっていうところで、なかなか点取るの難しいピッチャーですから、何とか3-2のところで藤井に抑えてもらいたかったんですけどね。同点で抑えてくれて何とか良かったと思います」

――博多の街は久しぶりにどんたくのお祭りもあります。
「打線の方はね安打は出てるんで、本当、どんたくのようにね、お祭り騒ぎで、いきたいですね」

山本に5回までに100球を投げさせた打線を絶賛「すごい褒めるべきところ」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY