3安打の牧原大、重盗成功の周東を絶賛 鷹・藤本監督の試合後の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

左打者を並べる打線が機能「攻撃型の作戦もしやすい打順に」

■ソフトバンク 7ー0 広島(交流戦・27日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは27日、本拠地・PayPayドームで行われた広島戦に7-0で快勝した。初回に中村晃外野手の適時打などで一気に3点を先制。中盤にも得点を重ねると、先発のコリン・レイ投手が7回無失点と好投した。交流戦は2勝2敗の五分に戻した藤本博史監督は“キングジョーカー”牧原大成内野手らの働きを絶賛していた。

――初回の攻撃は監督がポイントにしていた。
「今日はよく繋がってね、良い形の打線ができたと思います」

――6番・明石、8番・周東というスタメンがうまく機能した。
「ピッチャーが大瀬良ということで、おそらく5回以上は投げるというところで、それまでに点を取りたいというところで攻撃型の作戦もしやすい打線にしました」

――先発のレイはナイスピッチング。
「今日は素晴らしいピッチングをしてくれたと思うし、まだまだいけたんですけど、次は中5日でいく予定なんで、7回でやめておこうということでやめました」

――藤井も古巣相手にナイスピッチング。明日以降にもつながる。
「繋がってくれれば、最高ですね」

「あれが一番いい1点だった」と激賞した6回のダブルスチール

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY