板東はなぜ抹消? 甲斐野ではなく椎野昇格の理由は? 鷹・藤本監督の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

昇格したガルビスを含めた今後の起用プランは?

■ ソフトバンク ー 阪神(交流戦・7日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは7日、本拠地PayPayドームで阪神との交流戦に臨む。この日からフレディ・ガルビス内野手、海野隆司捕手、椎野新投手が1軍に昇格。藤本博史監督は3人の起用法や、ファーム降格となった板東湧梧投手、柳町達外野手らの状態について語った。

――ガルビスについて小久保2軍監督からの報告は?
「報告は『状態がいい』『好調選手の1人ですよ』と。好調な選手は今のところガルビス、正木、海野ってところだったから。柳町がこういう形になったんで。10日後には、後半の始まる頃には戻ってきていると思うので、ちょうどいいチャンスということで、ここで打ってくれたら、そのままサードのポジション取るかもしれない」

――基本はサード?
「そうです。サードです。どこ守るんですか。今宮は絶好調ですよ」

――DHは?
「デスパイネ。柳田もちょっと肩の都合もあるんでね、3連戦の1つはDHに入れます。だから明日か明後日はDHに入れて、そうなったらデスパイネは休みです」

――ガルビスは全力で走れる?
「今日試合をやってみないと。2軍では走っていたんじゃないの。小久保監督はそういうのうるさいよ。あれが普通に走る速さじゃない? 元々、速くないよ。足は遅い。俺より遅いことはないけど」

――ファームではバットを短く持ったり試行錯誤していた。
「日本に最初来て、満塁本塁打を打ってくれて、その後は打てないまま、ずっと試合に出て、2軍に行って。日本のピッチャーはこういう球を投げる、それに対してコンタクトするにはどうしたらいいか。アメリカだったら強い球、動かす球でくる。日本の投手は緩急、緩急でくる。そういうのに対して自分がどうしたらいいかなというのを、2軍で考えてくれたんじゃないかなと思っています」

「誰か指導してくれたのかも分からないですけど、2軍で打率.200そこそこしか打ってないけど、僕は映像を見る中では、初球からバットを振りにいってるなとか、そういうのができだしている。絶好調ではないですよ。でも好調にはなってきてるんじゃないかなというところですね。だから2軍から上がってきたってことは今日は先発で使いますよ」

阪神とどう戦う? スタメンを外れた三森は「リフレッシュ」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY