日米150勝の和田は「今日が1番素晴らしい」 鷹・藤本監督の試合後の一問一答全文

ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史監督【写真:藤浦一都】

「やっぱりホームランの魅力ってのはすごいですね」

■ソフトバンク 4ー1 楽天(19日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは19日、本拠地・PayPayドームでの楽天戦に4-1で快勝した。先発の和田毅投手が6回1安打1失点の好投で日米通算150勝を達成。打線は野村勇内野手の先制2ラン、グラシアル内野手のソロなどで4点を奪い、リーグ戦再開後3連勝を飾った。

 試合後、藤本博史監督は好投したベテランの和田を大絶賛。途中交代したグラシアルの状態などについても語った。一問一答は以下の通り。

――首位攻防で見事な3連勝。
「この3連戦は繋ぐ野球ということを考えてたんですけど、ホームランの得点がすごく多かったんで。やっぱりホームランの魅力ってのはすごいですね。そういうふうに感じました」

――和田投手が素晴らしい投球。
「そうですね。もう本当、5回までビシバシだったんですけどね、ちょっと背中の張りがね。年齢とともに体力的なところが落ちているのかなという感じがあるんですけど、本当ここまで先発した試合はほとんどゲームを作ってくれてるんで、頼もしい存在ですね」

――今日はモイネロもきっちり抑えてくれた。
「あれぐらいのテンポで投げてくれれば、相手が嫌がってると思うんで。今日の試合を機会に明後日からもまた頑張ってもらいたいと思います」

――本当にホームランよく出ましたよね。
「本当、ホームランって魅力ありますよね」

――明後日から(のオリックス2連戦)に向けて。
「明後日もまた左が来ると思うんで。なかなか固定はできないですけど、もう全員で1試合1試合、大事に戦っていきたいと思います」

6回8奪三振の和田について「やっぱりスピン量が多いのかな」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY